「さしあたって」とは方言?意味や敬語の使い方・類義語も例文解説

「さしあたっての目標は~」「さしあたって必要なものだけ買う」など、「さしあたって」という言葉を用いて説明することがあります。この「さしあたって」にはどのような意味があるのでしょう。また、敬語で使っても失礼にならないのでしょうか。「さしあたって」の使い方を例文で詳しく解説します。

「さしあたって」の意味とは

「さしあたって」とは「今のところ」という意味

「さしあたって」とは「今のところ、当面」という意味です。「先のことはともかく、今のところ」という意味があり、「今後変わる可能性がある」という意味を暗に含む表現です。

なお、「さしあたって」と似た表現に「さしあたり」がありますが、この「さしあたり」を活用したのが「さしあたって」です。どちらも意味に違いはありません。

「さしあたって」は漢字で「差し当たって」

「さしあたって」は、漢字では「差し当たって」と書きます。「差当たって」や「差当って」など、送り仮名の記載にずれがある場合もありますが、いずれも許容範囲とされています。ただし、あえて漢字で書くことはまれで、ひらがなで記載するのが一般的です。

「さしあたって」は方言ではない

「さしあたって」は方言ではなく、一般的な副詞として用いられる単語です。そのため、地域を問わず「今のところは、当面、いましばらくの間」という意味で用いられます。標準語として使うことはもちろん、ビジネスシーンでも使うことができますが、敬語では「さしあたりましては」に形を変えると丁寧です。

「さしあたって」の使い方と例文

「さしあたって」は不確実なことに使う

「さしあたって」は、「今のところ、当面」という意味で今現在について言及する際に使用します。「先のことはともかく…」というニュアンスを含むことから、今後変わる可能性がある事柄、不確実な事柄を言い表す際に使うのがポイントです。そのため、すでに結論付けられた事柄に使うのは誤りです。

例文
  • さしあたってのスケジュールは下記の通りです。
  • さしあたってオペレーションを変える予定はない。

ただし、仮に不確実な事柄であったとしても、「さしあたって」を多用すると結論を後回しにしたような、ネガティブな印象にもつながります。

「さしあたって~する」と使うことが多い

「さしあったって」は「さしあたって~する」の言い回しで使うことも多い単語です。

たとえば先方が決めかねているような状況で「さしあたって提案書を作成します」というと、「(とりあえず)現段階での提案書を作成する」という意味になります。「さしあたってB案で進めて様子を見よう」というと「今のところはB案で進めるが確定ではない、状況によっては変える可能性がある」と、確定ではないことが伺える表現になります。

「さしあたって必要ない、問題ない」の表現も

「さしあたって必要ない」とは「今は必要ない」という意味に、「さしあたって問題はない」というと「現段階では問題ない」という意味になります。「とりあえず今のところは」というニュアンスです。

例文
  • さしあたって必要のないものは買わないようにしている。
  • さしあたって運営に問題はないとしても、この体制ではいずれ不満が出るだろう。

「さしあたっての目標」とは「当面の目標」

「さしあたっての目標」とは、「現段階の目標、とりあえずの目標」という意味です。最終的になりたい姿、目指すべきところというような大きな目標ではなく、目の前にある目標に対して用いられます。

「さしあたって」の目上に失礼のない表現とは

「さしあたりましては」と敬語にする

「さしあたって」を目上の人に使う場合は「さしあたりましては」に言い換えて使うとよいでしょう。ビジネスシーンでも「さしあたってご報告申し上げます」のように使う場合がありますが、「さしあたりましては」とすることでより丁寧な印象になります。

ただし、「さしあたりましてご連絡いたしました」のように「ました」を文末に使う場合は、ややくどい印象になることも。「さしあたりましてご連絡した次第です」とする、あるいは「さしあたりまして(さしあたって)」以外の表現を使うなど、文章全体のバランスをみる必要があります。

「さしあたって」の敬語を使った例文

  • さしあたりましては見積書をお送り頂ければ幸いです。
  • ご連絡ありがとうございます。さしあたりましては、ご提案の内容で問題ございません。
  • さしあたりましては当初のスケジュールに変更はございません。

「さしあたって」の類語・類義語とは

「今のところ」「目下」は現在の状態を表す

「さしあたって」と似た意味の表現では、「今のところ」や「目下」が挙げられます。「今のところ」は文字通り、「今の段階では、当面は、向こうしばらくは」といった意味を持ち、「目下(もっか)」は「ただいま、さしあたり、現在」などの意味を持ちます。いずれも、現在の状況・状態を言い表す際の表現です。

また、「現時点では」「現段階では」という表現で「さしあたって」の状況を説明することも多いでしょう。

「ひとまず」「とりあえず」はすぐに行動する様

「ひとまず(一先ず)」とは、一旦区切りをつける際に用いる表現です。「ひとまず、休憩としましょう」と区切りをつけるほか、「ひとまず無事に到着しました」と経過を報告する際にも使います。

一方の「とりあえず」は「ほかのことはさしおいてまず第一に」という意味で、「今現在できることを優先する」というニュアンスを持ちます。ただし、「とりあえず」には「間に合わせの対応」という消極的な意味合いもあるため、ややネガティブな印象にとられることもあります。

「いったん」「さしづめ」も類語として使える

「さしあたって」の言い換えでは「いったん(一旦)」や「さしづめ」なども使用可能です。「いったん」は「一度、一時」を意味し、「さしづめ」は「目下のところ、当分の間」という意味を持ちます。

いずれも「今のところ、当面」といったニュアンスで、確定ではない事柄に言及する際に使うことができます。

「さしあたって」の英語訳とは

「さしあたって」は英語で「for now」

「さしあたって」を英語で表現でする際には、「for now」が使用できます。「for now」で「今のところ」という意味になり、たとえば「I’ll let you know what we know for now.」は「さしあたって知っていることを報告します」という和訳になります。

また、ビジネスシーンでは「That’s all for now」の表現でもしばしば用いられ、この場合は「さしあたっては以上です」と和訳できます。

「さしあたって」のその他の英語表現

その他に「at the moment」や「for the time being」なども「さしあたって」の意味で用いられる英語表現です。なかでも「for the time being」は、同じ「さしあたって」の和訳でも比較的長い期間を指す傾向があります。

まとめ

「さしあたって」とは「今のところは、当面」という意味の表現で、一般にはひらがなで用いられます。「現段階ではこうだが、後で変わる可能性がある」という事柄に言及する際に使い、ビジネスシーンでも「さしあたって」とそのままの形で使うことが可能です。

「さしあたりましては」とすると丁寧な印象ですが、「さしあたって」を多用すると結論から逃げているような印象を与えかねません。使用頻度には気をつけたい表現です。