「深謝」の2つの意味とは?「陳謝」との違いや使い方・類語も紹介

「深謝」には「深く感謝する」「深く詫びをする」という2つの意味があります。「深謝」はビジネスシーンでのお礼状やお詫び状などでも使われますが、似た言葉「陳謝」とはどのように異なるのでしょうか?

ここでは「深謝」の意味と使い方の他、のしの書き方、類語や英語フレーズなどを紹介します。

「深謝」の意味とは?

「深謝」の意味は「深く感謝する」「深くお詫びをする」

「深謝」には「深く感謝する」「深くお詫びをする」という2つの意味があります。「深謝」という言葉が説明する通り、心から深い感謝の気持ちを表したり、申し訳ないという気持ちを表す言葉です。

「深謝」は相手にお礼を言いたい時やお詫びを入れたい時に使われますが、「ありがとう」や「すみません」という言葉だけでは伝えきれない深い思いを伝える時に用いられます。

「深謝」は、日常の生活の中で使われたり、会話の中で出てくるような言葉ではありません。むしろ、ビジネスシーンや正式な場面で、相手に深々と頭を下げて感謝の念を伝えなければならない時や、心から誤らなければならない時に使われる表現です。

「深謝」と「陳謝」の違いを理解する

「陳謝」の場合は、ミスや失敗、不祥事などの内容や、その理由を述べて謝罪をする行為を指します。つまり、詫びごとを言ってから自分の非を認め謝罪したり、物事の事情を説明してから謝辞として述べることを「陳謝」と呼びます。「陳」には「述べる」「話す」という意味があります。

また、謝罪の意の強さで言うと「陳謝」は「深謝」よりも弱くなります。加えて「深謝」には「深く感謝する」という意味がありますが、「陳謝」には「謝罪する」という意味だけで「感謝する」という意味はありません。

「深謝」と「のし」の書き方

「深謝」はお詫びで「のし」に書く言葉

ビジネスシーンで顧客や取引先に多大な迷惑をかけた時に、お詫びをしに訪問をすることがあります。その際「心からお詫びを申し上げる」という意味で「深謝」という言葉を菓子折りなどののしの表に書くこともできます。

のし紙には、謝罪の気持ちが非常に大きい時だけ「深謝」という言葉を使いましょう。それ以外、たとえば、謝罪の気持ちや迷惑の度合いが中程度の場合は「陳謝」、また比較的軽い詫びを入れる場合は「お詫び」の文字を入れるようにします。相手への謝罪の気持ちのレベルによって「深謝」「陳謝」「お詫び」それぞれの言葉を使い分けるようにしましょう。

「深謝」ののし紙は「赤白の水引」を選ぼう

使用するのしについても留意する点が一つあります。のし紙の「水引」は白黒でできているため相手への印象が良くありません。謝罪を意味するのし紙であるため白黒を使いたいところですが、祝い事ではなくても、赤白ののし紙を選ぶようにしましょう

「深謝」の使い方と例文

 

 

「深謝」は話し言葉として使われない

「深謝」は深い謝罪の意を示す書き言葉の一つです。そのため、日常生活や職場での会話で「深謝」を話し言葉として用いることはほとんどないと言えます。「深謝」の気持ちを言葉にする時は「非常に感謝する」「とても感謝している」といった表現を使うのが一般的です。

「深謝」をちょっとしたミス程度で使わない

「深謝」をちょっとしたミスや過ちに対して使わないようにしましょう。「深謝」とは、相手に甚大な被害を与えたり、多大な迷惑をかけた時に、これ以上ない謝罪の気持ちを表す意図で使われます。「深謝」は頭を下げても下げたりない、といった厳しい状況の中で用いられる言葉です。そのため、安易に使ってしまうと相手が困惑してしまう場合があります。

たとえば、契約書にちょっとした不備があったり、軽い発注ミスがあった時に、事を荒げて大げさに「深謝」という表現を使ってしまうと「そこまで誤らなくてもいいのに」と、相手が不快な感情に陥ってしまうことがあります。

せっかく、相手に心から謝罪しようと思っても「深謝」が嫌味に聞こえてしまっては逆効果となってしまいます。「深謝」という言葉が相手に適切に届くように、迷惑度の極めて高い状況で使うようにしましょう。

「深謝」をお礼の言葉として使う場合も多い

「深謝」は、ビジネスシーンを中心に正式な場面で「お礼の言葉」としても好んで使われます。「深謝」と「陳謝」をペアで覚えてしまっていると、ついつい深くお詫びをする時にだけ使ってしまいがちですが、相手に心から深く感謝する時も使えることも忘れないようにしましょう。

たとえば、ビジネスシーンにおいて、自分が大ピンチの際に無償で助けてもらったり、通常では不可能であろう無理なお願いを聞いてもらった時など、「ありがとう」の一言では事足りないような状況で「深謝」は威力を発揮します。

「深謝」は「のし」だけではなく、メールや文書などのタイトルとして使うこともできます。言葉では言い表せないほどの御礼や謝意をアピールしたい時に、「深謝」という言葉を丁寧に用いてみましょう。

「深謝」でよく使われるビジネス例文

<感謝の意で使う時>
・平素よりご愛顧を賜り深謝いたします。
・多大な支援と協力を賜り深謝いたします。

<謝罪の意で使う時>
・今回の不手際に対し深謝いたします。
・弊社スタッフの失礼な行動を深謝いたします。

「深謝」の類語とは?

「拝謝」は感謝の謙譲語

「拝謝(はいしゃ)」とは「感謝」の謙譲語で、お礼を謹んで述べることを意味します。「深謝」と同じように、相手のしてくれたことに対してありがたいと感じ、心から礼を告げる時に使われます。

「深謝」は「感謝」と「謝罪」の2つの意味がありますが、「拝謝」には「謝罪」の意味がなく「感謝」の言葉としてのみ使われます。「深謝」と「拝謝」は「感謝」という点でほぼ同じ意味のため類語となりますが、誤って「謝罪」の意味で「拝謝」を使わないように気を付けて下さい。

「多謝」はとても感謝する

「多謝(たしゃ)」は「とても感謝する」という意味の言葉です。「感謝」よりも強い意味で使われ、書き言葉として、のしや文書のタイトルなどに選ばれ表現となります。「深謝」は「感謝」と「謝罪」の両方の意味で使えますが、「多謝」は「感謝」の気持ちを伝える時だけに使われます。

「万謝」は深謝とほぼ同義語

「万謝(ばんしゃ)」には「深く感謝すること」「深くお詫びをすること」という2つの意味があります。そのため、「深謝」とほぼ同義語として解釈されています。

「万」という言葉が表すように、一般的な感謝や謝罪の気持ちよりも強く、最大限のありがたさと謝罪の気持ちを表す時に使われます。「万謝」も話し言葉ではなく、書き言葉として使われます。

「深謝」を英語で表すと?

「深謝」は「truly」「deeply」をつけて強調する

「深謝」は「深く感謝する」「深く謝罪する」という意味の言葉です。つまり、基本的な英語フレーズ「Thank you」「I’m grateful」、また「I’m sorry」「I appologize」などに、強調の副詞「truly(本当に)」や「deeply(深く)」などを足せば完成です。

その他、文末に「from the bottom of my heart(心の底から)」を使うと、より一層、相手に誠意を示すことができます。

「深謝」を使ったビジネス例文

  • 相次ぐ不祥事に対し深謝いたします。
    We deeply apologize for a rash of scandals.
  • 多大な支援に深謝いたします。
    We truly thank you for a tremendous support.

まとめ

「深謝」には「深く感謝する」「深くお詫びをする」という2つの意味があります。状況によって感謝する意図なのか、また謝罪する意図なのか解釈が違ってきます。また、似た言葉に「陳謝」がありますが、「深謝」とは使い方が異なるため留意しておきましょう。

ビジネスシーンではお詫びの折菓子などを渡す時、のし紙に「深謝」と記すこともできます。しかし、謝罪の気持ちのレベルによって「陳謝」「お詫び」などの文字を適切に使い分ける必要があります。

ABOUT US

snowymt11
都内私立大卒(経済学部)、旅行会社、中堅商社を経て、豪州に移住。母親に小さい頃から「ことわざ」「言い伝え」「四字熟語」を毎日聞かされていた経緯あり。読んでいて疲れない記事書きがモットーです。日本最高!