「小生」の意味とは?ビジネス上の注意点や使う人が持たれる印象

「小生」をキャラクターしか使わない一人称だと思っている人もいるようです。しかし、現在でも手紙や一部のビジネスメールで使用されています。使う際にはどう使えばいいのか、また「女性は使ってもいいのか?」も気になるポイントです。

「小生」の意味や使い方、注意点をご説明しましょう。また類語「小職」や反対語もご紹介します。

「小生」の意味・読み方

「小生(しょうせい)」の意味とは「謙譲語の一人称」

「小生」は「しょうせい」と読みます。自分をへりくだって伝える「謙譲語」の一人称になります。ただし「目上の人には避けた方が無難」という意見が有力であることに留意してください。主に手紙・メールなどの文章内で、男性が使用します。

「小」はもともとは「小さい」という意味でした。そこから転じて「身分が低いこと」「未熟な若者であること」という意味で、へりくだって表現する言葉に使われています。「生」も本来は「生命」を表しますが「学生」のように人を表す言葉になっています。

女性は「小生」を使えない

「小生」は男性が使用する一人称のため、女性は使えません。また、「小生」と同じ感覚で使える女性用の一人称はありません。無理に類語に言い換えず、一般的で目上の人にも使用できる「私(わたくし)」を使うのがよいでしょう。「私」は男性も使用可能です。

一部のマンガ・小説などのフィクション作品では、女性でも「小生」を使うキャラクターもいるようです。真似すると誤用になってしまいます。ファン同士のやり取りを除き、女性が「小生」を一人称に使うのは避けましょう。

「小生」の使い方

「小生」は現在ではあまり使われていない

「小生」は現在では一般的に使われていません。そのため、意味を知らない人もいるようです。手紙やメール、SNSで使う場合、相手に通じているか配慮する必要があるでしょう。

ビジネスの場でも「小生」を使う人はあまりいません。ただし、一部の企業では「小生」を使うよう指導しているようです。

「小生」は謙譲語だが「同等・目下の人に使う」のが一般的

「小生」は謙譲語の一人称です。しかし「同等・目下の人に使う」のが一般的だとされています。文法を気にする場合、使用する場面が難しい一人称だと言えるでしょう。「同等なのによそよそしい」「どうして目下の自分にへりくだった言い方をするのだろう」と違和感を与えることもあり得ます。

なお、少数ですが「本当は目上の人に使える」という考えもあります。「小生」が一般的だった明治時代から意見が分かれていたようです。今後の研究でこちらが主流になる可能性もあります。「小生」をよく使う人は注意しておくとよいでしょう。

目上の人に使えない理由は諸説ある

へりくだる言葉の「小生」を目上の人に使えない理由は諸説あります。有名な説は「『自分が目上であること』が前提にある一人称のため」です。「実際は自分が目上だが遠慮してへりくだろう」というニュアンスが「小生」にあるという考えです。

他にも「小」に「未熟な若者」という意味があることが理由だとする説もあります。「私は未熟な若者です」と目上の人に言うと「分かりきったことを言うな」と思われる、という意見です。

「小生」のビジネス上での注意点

ビジネスで「小生」を使うのは親しい相手だけにする

ビジネスのやり取りで「小生」を使う場合、プライベートのとき以上に慎重に判断する必要があります。「現在は一般的ではない」「目上の人には使えない謙譲語」のためです。親しい同僚・後輩など、やや古風な言い方を個性やユーモアだと受け取ってくれる相手だけにした方が無難です。

慣習で「小生」を使うよう指導する職場もある

基本的には「小生」の使用を避けるべきですが、中には一般的に使っていて、統一するよう指導する職場もあります。慣習で「小生」を使う職場の場合、自分だけ使わないのは周囲に迷惑ですし、取引先も混乱するでしょう。素直に職場の慣習に従うべきです。

また、取引先の人が「小生」を使ったとしても、上記のような事情の可能性があります。「目下に見られている」と腹を立てる必要はないでしょう。

「小生」を使う人の印象

「小生」を使う人はネガティブな印象を持たれやすい

現在では「小生」を使う人に対し、ネガティブな印象を持つ人が増えています。偏見の目で見られるのが心配な場合は「小生」以外の一人称を使うとよいでしょう。

文学作品や文豪の手紙に使われていることから「文芸オタク」「気取っている」「古臭い」と思われがちです。また「自尊心が強すぎる」「自意識過剰でうざい」と思う人もいるようです。

人気マンガ・アニメの影響で「オタク」だと感じる人もいる

「小生」を使う人は「キャラクターの真似をするオタク」という印象を持たれることもあります。「小生」が一般的に使われることが減り、「小生=キャラクターの口調」だと思う人がいるためです。特に近年は、社会現象になった人気マンガ作品に「小生」を使うキャラクターがいるため注意しましょう。

「小生」の類語

「小生」の類語は「愚生」「小職」

「小生」のように自分をへりくだって伝える一人称に「愚生(ぐせい)」「小職(しょうしょく)」があります。「愚生」は「小生」と同じく文章で使う男性限定の一人称です。「小生」以上に使われる場面が少なく、相手に通じない可能性があるため注意しましょう。

「小職」はもともと公務員などの官職の人しか使わない一人称でした。最近では民間企業でも、管理職に限って「小職」が使われています。また、性別を問わず使用できるのも「小生」との違いです。

「当方」は一人称ではないため類語とは言えない

「当方(とうほう)」は「小生」の類語とは言えません。「当方」は一人称ではなく、自分が所属する会社・組織を意味する言葉のためです。類語だと勘違いして「当方の考えは〇〇です」と使ってしまうと、会社の統一見解だと思われてしまいます。

「拙者」は武士・侍のイメージが強く使いづらい

「拙者(せっしゃ)」も自分をへりくだって表す一人称のため「小生」の類語です。ただし、武士・侍のイメージが強いため、一般的なやり取りでは使いづらいと言えるでしょう。特に真剣な話題では避けた方が無難です。

また、武士・侍の尊大なイメージから「拙者」がへりくだっていると感じない人もいるようです。「小生」と同じように、目上の人に使うのは避けた方がよいかもしれません。

言い換えに向いている一人称は「私」

「小生」の言い換えに向いている一人称は「私」です。日常では「わたし」、ビジネスの場では「わたくし」と発音するのが相応しいでしょう。謙譲語ではありませんが、目上の人にも一般的に使われている一人称です。文章でも会話でも同じように使えます。性別を問わないのも使いやすい理由です。

「私」は日常会話でもよく使用することから「ほとんどの人に『丁寧な一人称』だと伝わる」という強みもあります。年代を問わず安定して通じるため、スムーズなやりとりが期待できます。

「小生」の反対語

「小生」の反対語と言えるのは「貴殿」

「小生」の反対語は「貴殿(きでん)」だと言えるでしょう。「相手を敬う二人称」になります。目上・対等の相手に使用します。

相手が女性の場合に使う二人称は「貴女(きじょ)」です。ただし、近年では性別で呼び分けず平等に扱うことが一般的になりつつあります。「女性にも貴殿をつかう」「全く別の性別を問わない呼称が生まれる」などの変化があるかもしれません。情報を漏らさないよう、意識を向けておきましょう。

なお、「小生」だけではなく、全ての一人称に反対語がないとする考え方もあります。

まとめ

「小生(しょうせい)」は自分をへりくだって伝える一人称です。謙譲語ではありますが、目上の人には使えないという考えが一般的です。他にも制限が多いため、気軽には使えません。使い方をしっかり把握してから「小生」を使いこなしましょう。