「後悔先に立たず」の意味や使い方とは?例文や類語・反対語も

取り返しのつかないことをしてしまったとき、「後悔先に立たず」のことわざが浮かぶ人も多いかもしれません。これは「覆水盆に返らず」と同じ意味ですね。しかし、ポジティブな意味でも「後悔先に立たず」を使うことができると知っていますか?

この記事では、「後悔先に立たず」のことわざの意味とともに、さまざまな使い方や例文を解説します。あわせて類語や反対語、英語表現についてもお伝えしています。

「後悔先に立たず」の意味とは?

「後悔先に立たず」の意味は「済んだことは取り返しがつかない」

「後悔先に立たず」とは、「済んだことは取り返しがつかない」という意味です。「済んだことは取り返しがつかない」というあたりまえの認識を示している言葉ですが、それを踏まえた上で、気持ちを整理する言葉として使われています。

たとえば、事が起こったあとに、「いくら後悔しても、もうもとに戻ることはない、だから気持ちを切り替えていこう」といった文脈で使われたり、あとで悔やむことがないよう事前にできることをやっておこうという意味で「後悔先に立たず」を引用したりします。

「後悔」とは「あとになって悔やむこと」

「後悔」とは、自分がしてしまったことについて、自分の思慮の足りなさを、あとになって悔やむことという意味です。してしまった失敗について、いくら「後悔」してもそこにとどまっている限りは先に進むことはできません。

「後悔先に立たず」は、後悔の念に関する人生訓を含んだことわざです。

「先に立たず」とは「もとに戻れない」という意味

「後悔先に立たず」の「先に立たず」とはどのような意味なのでしょうか?「先に立たず」は「先に立つ」の否定形であるため、まずは「先に立つ」の意味から考えてみましょう。

「先に立つ」とは、「順序がまず第一である」という意味です。そのことから、「先に立たず」とは「順序が第一になれない」=「順序を第一に戻せない」という意味となります。

教訓としての「後悔先に立たず」は「座右の銘」にもなる

「後悔先に立たず」は、起こったことを元に戻すことはできない、済んだことはもう取り返しがつかない、という事実を述べているとともに、「もとに戻すことはできないのだから、行動する前には慎重に考えるべき」「済んだことを後悔しても仕方がないのだから、過去を振り向かずに前を向こう」といった教訓を伝える言葉でもあります。

このようにポジティブな指針としての「後悔先に立たず」は、「座右の銘」として活用することもできます。

「後悔先に立たず」の使い方と例文

「後悔先に立たず」のことわざは、自戒の意味や自嘲の意味、あるいは他者への落ち度の指摘など、さまざまな場面で使われています。それぞれの使い方を例文をまじえて紹介します。

後悔しないようにきちんとしておこうという意味の使い方

あとで後悔することのないように、日頃から生活などをきちんとしておこうという意味で「後悔先に立たず」を使うことがあります。

この使い方は、「後悔先に立たず」の状態にならないよう、気持ちや生活習慣を律していきましょうという予防的な啓発とすることができます。

例文
  • 後悔先に立たずだから、子どもの教育は早いうちから始めるのがよい
  • 後悔先に立たずとならないよう受験勉強に集中しよう

恋愛の失敗などで「後悔してももう遅い」と自嘲する使い方

自分の考えが足りないことで失敗してしまったときなどに、後悔してももう遅いと自嘲するときの気持ちを「後悔先に立たず」のことわざで表現する使い方があります。恋愛の失敗などでもそんな気持ちになることがありそうです。

例文
  • 余計なことを言って彼女に嫌われてしまった。しかし後悔先に立たずでもう遅い
  • 体調管理ができず、大切な仕事に遅刻してしまった。後悔先に立たずだ

失敗から気持ちを切り替えるときに使う「後悔先に立たず」

自分の落ち度から失敗してしまったときなどに、いつまでもくよくよしていても仕方がない、済んだことは忘れよう、といった気持ちを後押しする言葉として、「後悔先に立たず」を使うことができます。

例文
  • くよくよしても仕方がない。後悔先に立たずなのだから、気持ちを切り替えよう

行動を後押しする「後悔先に立たず」の使い方

「後悔先に立たず」は、事が起こったあとに気持ちを整理するために使うことが多いですが、あることをやろうか、やめておこうかと悶々と悩むときの気持ちを吹っ切るために使うこともあります。

例文
  • 後悔先に立たずだ。やらなかったことを後悔するくらいなら、思い切ってやってみよう
  • 勇気をもって一歩を踏み出そう。「後悔先に立たず」にならないように

「何かをする前には十分考えてから」という意味の使い方

「後悔先に立たず」は「何かをする前には十分考えてから」という教訓の意味で使われることもあります。「済んだことは取り返しがつかないのだから、何かをする前には十分に考えてからすべきだ」という考えを示すために使います。

たとえば、リスクのある行動をしようとする人に、「「後悔先に立たず」なのだから、慎重に考えるように」などとアドバイスをするような使い方です。

「後悔先に立たず」と類語・反対語のことわざは?

起こったことはもとに戻せないという意味の類語「覆水盆に返らず」

「後悔先に立たず」と意味が似ていることわざは「覆水盆に返らず(ふくすいぼんにかえらず)」です。失敗は取り返しがつかない、一度起こったことはもとに戻せない、という意味です。

「覆水盆に返らず」の由来は古代中国の故事にもとづきます。出て行った妻が出世した夫のもとに戻り、復縁を求めたところ、夫が盆の水をこぼして「この水をもとに戻せたら応じよう」と言ったというものです。

「覆水盆に返らず」は、失敗は取り返しがつかないという意味で使われる場合の「後悔先に立たず」と同じ使い方ができます。

後悔しても遅いという意味の反対語「後の祭り」

「後の祭り(あとのまつり)」は、「時機を外して役に立たないこと」という意味のほかに、「後悔しても遅い」という意味があります。

祭りの後の山車や祭事用具は用済みとなって価値がなくなることからうまれたことわざです。

「失言したことを謝罪したいが、すでに後の祭りだ」というように、時機を逸したことによって、後悔しても遅い状態になっているときに使われます。

前もって準備して失敗を防ぐ意味の反対語「転ばぬ先の杖」

「転ばぬ先の杖(ころばぬさきのつえ)」とは、前もって十分な準備しておけば、失敗することがないという意味のたとえです。

「転ばぬ先の杖」の精神が、失敗によって「後悔先に立たず」の状況に陥ることを防ぐことができるといえます。

同じ意味のことわざに「用心は前にあり」もあります。

「後悔先に立たず」と同じ意味の英語のことわざは?

英語のことわざ「It is no use crying over spilt milk.」

「後悔先に立たず」と同じ意味を持つ英語のことわざに「It is no use crying over spilt milk.」があります。直訳すれば、「こぼれたミルクについて泣いても無駄だ」となるため、「覆水盆に返らず」のことわざに訳されることもあります。

その意味するところは、「後悔先に立たず」と同じで、終わったことをいくら悔やんでも取り消しがつかないということです。

まとめ

「後悔先に立たず」は、さまざまな場面で心情を言い表すのに便利に使われていることわざです。

もう取り返しがつかないことだ、と自分を納得させるためにつぶやいたり、取り返しがつかない事になる前にしっかり対応しておこう、と自戒の意味で使ったりします。

そのため、「後悔先に立たず」は、「後悔」とともに「用心」「自戒」の意味のことわざとなり、後者の意味において、座右の銘とすることもできます。