「レコメンド」の意味とは?学習機能レコメンドアルゴリズムも解説

「レコメンド」は、人や物事を推薦する、推奨するといった意味で使われるカタカナ語です。似たような表現に「リコメンド」がありますが、意味は同じなのでしょうか?

ここでは「レコメンド」の意味や英語表記の他、使い方と例文、学習機能レコメンドアルゴリズムについて解説します。この機会にビジネスやサイト運営に欠かせない「レコメンド」について、理解を深めてみてください。

「レコメンド」の意味とは?

「レコメンド」の意味1「推薦する」「推奨する」

「レコメンド」は英語の「recommned」のことで、意味は「推薦する」また「推奨する」となります。つまり、人に物事をすすめたり、良いものであることを第三者に推薦することを「レコメンド」といいます。

「レコメンド」の意味2「そうすべきだと助言する」

また「レコメンド」には、相手にそうすべきだと助言したり、そうした方が良いということを提言するという意味もあります。

英語のレコメンドには「勧告する」という意味もありますが、「押しつけがましく薦める」といったニュアンスはあまりありません。どちらかと言えば相手の趣向や目的を知った上で、「そうすることが好ましい」「そうすることを推す」といった意図で用いられます。

「レコメンド」と「リコメンド」は同じ意味

「レコメンド」と似たような言い回しに「リコメンド」があります。「レコメンド」は、英語の「recommend」を言葉として放つ時に耳に入る、実際的な発音です。そのため「レコメンド」も「リコメンド」も同じ意味となります。

「レコメンド」は日常的に行われるビジネスアクション

「レコメンド」は、普段はあまり意識しないものの、実際には日常的に行われる「ビジネスアクション」の一つでもあります。

たとえば、家電量販店に掃除機を買いに行ったとします。その時に、何を探しているのか、そして「どのような掃除機を求めているか」をたずねられるのが一般的です。店員に希望する機能やブランド、予算などを伝えた後に「この掃除機はいかがでしょうか?」と薦めてくれることでしょう。

これがまさに「レコメンド」です。つまり「レコメンド」は日常茶飯事に行われる、ビジネスアクションであり、ビジネスには欠かせないマナーの一つであるとも言えます。

「レコメンド」は、相手の状況や求める内容を理化した上で、「そうすべきである」と薦めることです。場合によっては、迷ったり悩んだりしている相手に対し、適切にアドバイスをする、といったニュアンスが含まれることがあります。

「レコメンド」の使い方と例文

「レコメンド」を「押しつけ」という意味で使わない

「レコメンド」とは、基本的に人に物事や商品、サービスなどを薦めたり、推薦することを意味します。そのため、「レコメンド」を「人に何かを押し付ける」「強引に納得させる」という意味で使うのは誤りとなります。

「レコメンド」は、あくまで「推奨止まり」です。たとえば、相手に「おすすめのサービスはこれです」「これがあなたにピッタリの商品です」と提言することを意味します。もちろん、脅迫的に押し付ける行為に対して「レコメンド」という表現を使うのは、不本意であると言えます。

「レコメンド」は取引や商談でよく使われる

「レコメンド」は、ビジネスシーンでも欠かせないカタカナ語の一つです。たとえば、取引や商談の際に、おすすめの商品やサービスなどに対し「わが社のレコメンドは〇〇です」「レコメンドする〇〇はこちらです」と薦めたりします。

また、ビジネスシーンで「レコメンド」という表現を使うのは、取引や商談だけではありません。その他、カウンセリングや医療現場など、助言やアドバイスが求められるビジネスでは欠かせない表現の一つとなります。

「レコメンド」と「一押し」を使い分ける

「レコメンド」と似た言い回しに「一押し」があります。「一押し」とは、数多くある物事や人などの中から最も薦めるもの、つまり「最もレコメンドするもの」という意味で使われます。

「レコメンド」と「一押し」が異なる点は、「レコメンド」は数的に複数ある一方で、「一押し」は一つであることです。しかし、相手にとって利益が高かったり、得をしたりする場合は、むしろ「レコメンド」より、「一押し」使うことが多くあります。

「レコメンド」を使った例文

  • 今月のレコメンド商品は、寒い冬を快適に過ごすことができる小型ヒーターです。
  • カウンセラーとしてレコメンドしますが、まず専門医に相談してみてはいかがですか?
  • 何を購入数か迷った時は、店員にレコメンドしてもらうことにしている。

「レコメンドアルゴリズム」とは?

「レコメンドアルゴリズム」はサイトで活用する学習機能

学習機能で注目される「レコメンドアルゴリズム」とは、一般的なインターネットのウェブサイトやECサイトなどで使う、あるルールに基づいたアルゴリズムのことです。そして「レコメンドアルゴリズム」にはいくつかの種類があります。

「ルールベースレコメンド」は最もシンプルな情報に基づく

「ルールベースレコメンド」とは、サイトに訪れた人の「行動」や「属性」などをベースにルール化されたアルゴリズムです。たとえば、「この商品を買った人には、この商品をレコメンドする」「サイト内でこのページを訪れた人には、このサービスをレコメンドする」といったものを指します。

「レコメンドアルゴリズム」は、作業的に最もシンプルなものとなりますが、興味をもってサイトを訪れる人や、リピート購入をする人に対し、求める商品やサービスに関連した情報を漏れなく送ることができます。

しかしながら、一方で「ルールベースレコメンド」は企業が推奨したい商品やサービスなどが主体となる傾向が強くあります。そのため、各ユーザーや各訪問者に対して、よりカスタマイズされたアルゴリズムを求める場合は、次で紹介する「コンテンツベースレコメンド」が必要となることがあります。

「コンテンツレコメンド」は内容や属性を付加したもの

「コンテンツレコメンド」とは、内容(コンテンツ)や属性を分析し、情報として付加されたアルゴリズムのことです。つまり、購入者やユーザーに対し、より需要の高い内容やコンテンツを推奨することができるレコメンド機能を指します。

たとえば、ジューサーとフライパンを購入した人なら、キッチン用品に興味があったり、キッチン関連の商品を求めている、と推測されます。

ここで購入者のコンテンツを分析し、より属性の高いものをレコメンドするのが「コンテンツレコメンド」です。この場合はエアーオーブンや電子レンジ、キッチンナイフセットなど、キッチン関連の商品をレコメンドすることができます。

「ベイズ理論」は統計学を用いたアルゴリズム

「ベイズ理論」という伝統的な統計学を使った「レコメンドアルゴリズム」もあります。これは「ベイズの定理」をもとに、少ないデータを使って「レコメンドを事前分布をする」というものです。

「ベイズ理論」は専門的な数式が使われた高精度な「レコメンドアルゴリズム」となりますが、現代では、このような、より効果的なレコメンド機能も導入され始めています。

まとめ

「レコメンド」とは英語の「recommend」のことで、主に「推奨する」「推薦する」という意味を持ち、加えて「助言する」「アドバイス」といったニュアンスを含むカタカナ語です。また「リコメンド」は、英語で話す際の実際的な発音をカタカナにしたものです。つまり、同じ意味となります。

「レコメンド」はビジネスでは欠かせないアクションの一つです。そして、学習機能でもある「レコメンドアルゴリズム」は、ECサイトやオンラインショッピングの場面で活用されています。この機会に「レコメンド」や「レコメンドアルゴリズム」をマスターしましょう。

ABOUT US

snowymt11
都内私立大卒(経済学部)、旅行会社、中堅商社を経て、豪州に移住。母親に小さい頃から「ことわざ」「言い伝え」「四字熟語」を毎日聞かされていた経緯あり。読んでいて疲れない記事書きがモットーです。日本最高!