「お力添え」の意味や言い換え表現とは?メールでの使い方・例文も

「皆様のお力添えのおかげです」は企業の挨拶文でよく使われるフレーズでしょう。他にも依頼文や感謝を述べる際など、ビジネスでは「お力添え」という表現を使用することがありますが、使い方を誤ると失礼にもなりかねません。「お力添え」の意味と使い方を例文で解説するとともに、類語や言い換え表現も紹介します。

「お力添え」の意味とは

「お力添え」の意味は「手助け、援助」

「お力添え」は「手助け、援助」という意味です。「おちからぞえ」と読みます。

「力添え」とは「他人の手助けをすること」や「他人に力を貸すこと」のことで、「お力添え」はこの「力添え」に由来する表現です。

「お力添え」は上司や目上の人に使う敬語表現

「お力添え」は、「力添え」という単語に敬語の接頭辞「お」をつけた敬語表現です。たとえば、上司や取引先などといった目上の人からの援助やサポートを指して、「お力添え」と使います。

「お力添え」の感謝を表す使い方・例文

「お力添えありがとうございます」と感謝する

「お力添え」は相手からの援助に感謝を示す際に「お力添えいただきありがとうございます」と使うことができます。

また、相手が援助を承諾してくれた際や、協力の意思を示してくれた際に「お力添えいただけるとのこと、誠にありがとうございます」ということも多いでしょう。

「お力添えのおかげ」と感謝を表現することも

「お力添えいただき」という表現のほか、「お力添えのおかげです」の言い回しで感謝を示すことも可能です。「これもひとえに、○○様のお力添えのおかげでございます。ありがとうございます」などのフレーズが考えられます。

「お力添え」を依頼するときの使い方・例文

「お力添えいただきたいのですが」と依頼する

「お力添え」は何かを依頼する際に「協力してもらえますか?」というニュアンスで「お力添えいただけますでしょうか」として使うことも可能です。

「是非とも御社にお力添えを頂きたいのでが…」と前置きとして使う他、「お力添えを頂きたいのですががよろしいでしょうか」といった使い方もできます。また、シンプルな表現ですが「お力添えください」としても問題ありません。

「お力添えをお願いしたく」もよく使う表現

依頼をする際の表現では、「お力添えをお願いしたく…」や「お力添えを賜りたく…」といった言い回しもよく見聞きします。

たとえば、「お力添えをお願いしたく、ご連絡した次第です」「お力添えを賜りたく存じます」はいずれも、相手にサポートや援助を依頼する際に使える表現です。中でも「お力添えを賜りたく」は一層丁寧な印象を与えます。

「お力添えいただければ幸いです」とメールに添える

メールやスピーチでよく見聞きする表現として、「お力添えいただければ幸いです」「今後とも、お力添えのほどよろしくお願いいたします」があります。平たく言うと「今後ともよろしくお願いいたします」と似た意味になり、今後も協力を仰ぎたい場合や良好な関係を望む場合に使える表現です。

例文
  • 今後ともより一層のお力添えを、どうぞよろしくお願いします。
  • 今後とも皆々様にはお力添えを頂けましたら幸いです。

「お力添え」の間違えやすい使い方

「お力添えさせていただきます」とはいわない

「お力添え」は「お力添えさせていただきます」と自分の行為に対しては使用しません。「自分が目上の人をサポートする、手助けする」という場合、「お力添え」の「お」を取り「力添えさせていただきます」とするとよいでしょう。

なお、「力添えさせていただきます」と使う場合は、「させていただきます」という敬語にも注意が必要です。「させていただく」は主に、相手の許可が必要な場合や何らかの恩恵がある場合に使用する表現とされています。そのため「相手の許可を得て何らかの手助けをする」という意味では「力添えさせていただきます」でもよいのですが、「力添えいたします」とするのが一般的です。

「お力添えできずすみません」も避ける

「お力添えさせていただきます」や「お力添えいたします」に加え、「お力添えできずすみません」もおすすめできる言い回しではありません。「力添えできず申し訳ございません」とするのがよいでしょう。

しかし、中には「お力添えいたします」や「お力添えできずにすみません」と慣習的に使っているケースもしばしば見受けられます。慣習的な使用は、本来の使い方とは異なっていても許容される例がある一方で、相手によっては誤りと認識されることもあります。

人によって判断が分かれるため、「お力添えできずすみません」という表現も使用しないのが無難です。たとえば、「お力になれず申し訳ありません」や「お役に立てずすみません」などに言い換えるのがよいでしょう。

「お力添え」の類語・言い換え表現とは

「お力添え」の類語「ご尽力」

「お力添え」と似た意味を持つ単語には「ご尽力(ごじんりょく)」があります。文字通り「力をつくすこと」ことを意味する「尽力」を丁寧にした表現です。

「力添え」と同様に、手を貸すこと、助けることを指しても用いられますが、「尽力」には「骨を折ること、努力すること」というニュアンスが含まれる点で異なります。

「お力添え」と「ご尽力」は使用シーンが異なる

「ご尽力」は「お力添え」と似た意味を持ちますが、それぞれ使うシーンが異なります。まず、「お力添え」は相手に支援を依頼する際や受けた支援に感謝を示す際に用いられる表現です。

「ご尽力」は、相手に力を尽くしてもらったことへの感謝を示す際に使います。依頼する際に「ご尽力をお願いします」という表現は使いません。加えて、「自分が相手のために努力する」という場合に「ご尽力いたします」と使えるのも相違点です。

「ご助力」とも言い換えられる

「お力添え」と似た意味の表現では「ご助力」も挙げられます。「助力(じょりょく)」とは「力を貸すこと、手助け」という意味で、支援を依頼する場合や感謝する場合だけでなく、自分が支援をする場合にも使うことができます。

このほか、身近な表現では「ご協力」「ご支援」なども「お力添え」の類語です。

「お力添え」の英語訳とは

英語では「help」や「support」を使用する

英語には敬語表現はありませんので、「お力添え」を英語訳する際には「手助け」「支援」を意味する「help」や「support」を使用します。

また「協力」という意味を持つ「cooperation」を使った「We would be grateful for your continued cooperation.」も「日ごろからのお力添え、感謝申し上げます」と和訳することができるでしょう。

「お力添え」の英語例文

  • Thank you for your continuous support.(平素よりお力添えいただき、ありがとうございます)
  • I would appreciate it if you could help me.(お力添えいただけましたら幸いです)

まとめ

「お力添え」は「支援」や「サポート」を意味する熟語で、目上の人に対し支援を依頼する際や日ごろの支援に感謝する際に用いられます。慣習的に「お力添えいたします」と、自分が協力する意思があることを示す際に使う人もいますが、本来「お力添え」は目上の人からのサポートに対して用いる表現です。この場合は「力添えいたします」あるいは「ご尽力いたします」など他の表現に言い換えた方がベターです。