「いえいえ」の意味とは?敬語での使い方・言い換えと例文も紹介

お礼を言った時などに「いえいえ、とんでもないです」と返答されることがありますが、この「いえいえ」とは、そもそもどのような意味でしょうか。この記事では「いえいえ」の意味や敬語表現での使い方の他に、言い換え表現や英語表現も解説します。

「いえいえ」の意味とは

「いえいえ」とは「相手の言葉を打ち消す感動詞」

「いえいえ」とは、「いえ」という感動詞を重ねて使った感動詞で、その意味は相手の言葉を打ち消すか、反対する気持ちを強めた語です。相手の言葉を受け消したい、または否定したいというという気持ちが強いときに使われる言葉です。

「いえいえ」を使った例文

  • いえいえ、そんなことはございません。
  • いえいえ、そんな風におっしゃられてはこちらが困ってしまいます。
  • いえいえ、お気になさらないでください。

「いえいえ」の敬語表現としての使い方

「いえいえ」は敬語ではないが目上の人に使える

「いえいえ」は感動詞で、その意味は相手の言葉を打ち消すか、否定するというという意味なので、敬語としての意味合いはありません。しかし「いえいえ」には謙遜的な意味合いが含まれているので、敬語表現の文章と相性がいい言葉です。そのため、敬語表現の文章が続けられることも多いです。

「いえいえ」そのものは敬語ではありませんが、「いえいえ」の持つ謙遜的な意味合いと、それに続く敬語表現によって目上の人にも使える文章になります。

「いえいえ」で丁寧に相手の言葉を否定する

「いえいえ」は謙遜的な意味合いから、相手の言ったことを丁寧に否定するシーンで使えます。「いえいえ、とんでもございません」など「いえいえ」の後に否定する意味合いの敬語表現を続けます。

ただ使い方として、「いえいえ」を使いすぎると嫌味となり、逆に相手に対して失礼な印象になりますので、使いすぎないようにすることが大切です。

「いえいえ」を使った例文
  • いえいえ、そのようなことはありません。
  • A: 急で申し訳ないのですが、一言メッセージをいただけませんか。
    B: いえいえ、私が何か申し上げるのは恐縮です。申し訳ありませんが、遠慮いたします。

「いえいえ」は謙遜するときに使われる

「いえいえ」は相手に褒められたときに謙遜して返答するときに使われます。相手の誉め言葉が思っていた以上に良い時などに、相手の言葉を丁寧に否定します。

例文

いえいえ、それほどではありません。

「ありがとう」の返答として「いえいえ」を使う

また感謝されたときの返答として、「いえいえ」が使われることもあります。相手の感謝の気持ちに対して、それほどたいしたことはしていない、気にしないで下さいという意味を込めて使います。

感謝への返答としての「いえいえ」の例文
  • いえいえ、こちらこそありがとうございました。
  • いえいえ、お役に立てて嬉しく思います。

「いえいえ」を使ったよくある表現の使い方

「いえいえ、とんでもないです」

「いえいえ、とんでもないです」は感謝されたことに対して、自分が役に立てたことを謙遜して返事をするときの表現です。

「とんでもない」とは、思いがけないという意味や、まったくそうではないと相手の言葉を強く否定するときに使われる言葉です。

「とんでもないです」という表現により、相手の言葉を丁寧に否定しています。また言い方によっては、相手のことばを否定しながら役に立てた喜びを暗に伝えられる表現でもあります。

「いえいえ、とんでもないです」の使い方例

A: この度はいろいろとお世話になり、本当にありがとうございました。
B: いえいえ、とんでもないです。

「いえいえ、とんでもありません」

「いえいえ、とんでもありません」は「いえいえ、とんでもないです」を丁寧にした表現です。「~ないです」も丁寧な表現なのですが、「~ありません」と語尾を変えることで、同じく丁寧語なのですが、よりあらたまった表現になります。

「いえいえ、とんでもありません」の使い方例

A: この度はいろいろとお世話になり、本当にありがとうございました。
B: いえいえ、とんでもありません。お役に立てて、こちらこそ光栄に思います。

「いえいえ、どういたしまして」

「いえいえ、どういたしまして」は、相手の感謝の気持ちを丁寧に否定して、気にしないでほしいと伝えるときの謙遜表現です。優しい言い方をすることで、相手にお礼の気持ちを伝えることもできるでしょう。

「いえいえ、どういたしまして」の使い方例

A: 先日はお世話になりました。
B: いえいえ、どういたしまして。これからもよろしくお願いいたします。

「いえいえ、大丈夫です」

「いえいえ、大丈夫です」とは、相手の気遣いや感謝に対して返答するときの表現で、感謝されるほどではありません、気にしないで下さいという意味の表現です。

「いえいえ、大丈夫です」の使い方例

A: こちらの席におかけください。
B: いえいえ、私は大丈夫です。

「いえいえ」の言い換え・類語とは

「どういたしまして」で「気にしないで」という意味

前述した「いえいえ、どういたしまして」のように「いえいえ」と一緒に使うこともできる「どういたしまして」は、「いえいえ」の言い換え表現として使えます。

「どういたしまして」とは、気にしないでほしいという意味の謙遜表現で、感謝されて言われた言葉を打ち消して、私は特別なことはしていないので気にしないでほしいという意味を伝えられます。また謙遜表現なので、自分を低めて相手に対して敬意を表しています。

目上の人には「どういたしまして」は使わない

「いえいえ」との違いは、「どういたしまして」は目上の人に対しては使わない方がいい表現だということです。謙遜表現なので敬語として問題ないのですが、相手に対して上から目線での言い方と思われる可能性のある表現だからです。

目上の人が感謝してきたときには「どういたしまして」ではなく、次のような表現の方が無難でしょう。

  • 「こちらこそありがとうございます」:
    相手の気持ちを敬う表現となり、相手に対して敬意も表せます。
  • 「恐れ入ります」:
    相手の感謝に対する恐縮した気持ちが転じて、「申し訳なく思えるほどありがたく思う」という感謝を示す表現です。

「恐れながら」とは謙遜して相手に意見するときに使う

「恐れながら」とは相手を恐れて身がちぢむことを意味している謙遜表現です。立場上失礼になるかもしれないという状況などで、相手に対して謙遜しつつも意見するときに使われます。

「いえいえ」と「恐れながら」はどちらも相手の言ったことを否定する場面で使えます。しかし「恐れながら」は相手の言ったことを否定しない場面で、自分の意見を言うときに使い、謙譲表現としての意味合いがあるので、年下の人や同僚などには使われません。

「恐れながら」は「いえいえ」に続く表現が自分の意見を主張するような場合で言い換え表現として使えます。

「恐れながら」の例文

恐れながら、私は○○だと思います。

「いえいえ」の英語表現

「いえいえ、とんでもない」は英語で「No worries」

「いえいえ、とんでもない」など謙遜するときの英語表現には、「No worries.」があります。相手が誤ってきたり感謝したりしてきたときに、その言葉を否定して「No worries.」と使います。口語的表現で、ほかにも「No problem.」や「Don’t mention it.」も同じ意味で使われます。

褒められたときには「Thank you」で返そう

相手に予想以上に褒められたときには、「いえいえ」と謙遜して相手の言ったことを否定する習慣が日本人にはありますが、英語圏ではそうした状況では否定するのではなく、相手が褒めてくれたことに対して「ありがとう」と感謝の気持ちを伝えるのが一般的です。

「ありがとう」という意味の「Thank you.」や、「それを聞けて嬉しい」という意味の「I’m glad to hear that.」などで返します。

少し照れてしまうかもしれませんが、誉め言葉を素直に受けるのが西欧文化ですので、褒められることがあれば感謝の気持ちを伝えるようにしてみましょう。

例文

A:“You worked very well.”「よくやったね」
B:“Thank you.”「ありがとう」
または、“I’m glad to hear that.”「それを聞けて嬉しいです」

まとめ

「いえいえ」は、「いえ」を重ねた表現で、相手の言ったことを否定したり、感謝された時は褒められたときに遠慮しながら否定する感嘆詞です。「いえいえ、とんでもないです」のように使うことで、相手の言ったことや行いに対して丁寧に否定することができる便利な表現です。

ABOUT US

Light1
「難解なワードでもわかりやすく」をモットーに、常識ワードからビジネス用語、時には文化・アート系など、幅広く記事を書かせていただいています。ドイツ在住で2児の母。好きな食べ物はビターチョコレートとナッツ類。