「お手すき」の意味とは?ビジネスで上司への使い方や類語も紹介

「お手すき」は、社内・社外を問わずよく用いられている言葉です。しかし、上司など目上の方など敬語を使いたい場面で、「お手すき」を使っても大丈夫かという気掛かりもあります。この記事では「お手すき」の意味や使い方について、ビジネスシーン別の事例や言い換えができる類語などについても紹介しています。

「お手すき」の意味とは?

「お手すき」とは手の空いている状態のこと

「お手すき」は、「手すき」に敬語を作る接頭辞の「お」が付いた言葉で、手の空いている状態を指す言葉です。ビジネスにおいては仕事の合間の空き時間や、ひと段落ついて時間に余裕があるときのことをいいます。

「お手すき」の「すき」は平仮名で書くことが一般的ですが、漢字で書く場合は「お手透き」または「お手隙」です。

「お手空き」は仕事がなくて暇なこと

「お手すき」を「お手空き」と書くと、誤りです。「お手明き」とも書く「お手空き」の読み方は「おてあき」で、仕事がなくて暇なことや人のことを指します。

職場で「今、お手空きでしょうか」と尋ねたり、メール文書で「お手空きでしたら」と書いたりするのは失礼となるため注意が必要です。「お手すき」は平仮名で書くのが無難でしょう。

「お手すき」は尊敬語

「お手すき」は敬語のうち、相手の動作や状態に対して使う「尊敬語」にあたるもので、上司や社外の方に対して使うことができます。

したがって自分の手が空いたら連絡したいようなときに、尊敬語の「お手すき」を使って「お手すきになれば、ご連絡いたします」とするのは誤りです。「時間のあるときに」あるいは「後ほど」を使って言い換えるようにしましょう。

「お手すきの際に」は「時間があるときに」という意味

「お手すき」を使った言い回しでよく見聞きされるものとして、「時間があるときに」という意味の「お手すきの際に」があげられます。「際」という文字には「めぐり合わせ」「機会」という意味があり、時系的に今後起こりうることがらを対象とします。

「お手すきの際に」と似ている言葉である「お手すきの折に」の「折」も、「そのとき」「機会」を表す文字です。そのため意味においても「お手すきの際に」と同様のものですが、「お手すきの折に」のほうがフォーマルな表現であり、改まったシーンで使いたい言い回しといえます。

「お手すき」を使ったビジネスシーンでの例文

上司に対しての例文

  • お忙しいとは存じますが、お手すきの際にお目通しいただければ幸いです。
  • お手数をお掛けいたしますが、お手すきの際にご覧いただければと存じます。

上司に対しては、「お忙しいとは存じますが」などのように前置きすることをおすすめします。

電話での例文

  • 〇〇様は、お手すきでしょうか
  • お手すきの際にご連絡いただければと存じます。

社外へ電話する際にはいきなり要件を切り出さずに、「お手すきでしょうか」と相手が電話に出られる状態かどうかを尋ねてからにします。

メールでの例文

  • 添付資料はお手すきの際にご確認のほど、よろしくお願いいたします。
  • 恐れ入りますが、お手すきの際にお返事をいただけましたら幸いです。

「お手すき」を使うことによって、その要件が急ぎのものでないことを相手に伝えられます。

「お手すき」を使うときの注意点

急がない用事を頼みたいときは「お手すきの際に」

「お手すき」を使うケースのひとつは、急がなくてもよい業務などを頼みたいときで、「お手すきの際に(折に)ご覧ください」というように表現します。

緊急度・優先度は高くない用件なので、ひと段落したタイミングや手待ち時間など、あなたの都合の良いときで構いませんのでお願いします」という意味です。なお、冒頭に「お忙しいとは存じますが」と置くことで、さらに相手への気遣いを示すことができます。

相手に時間があるかを尋ねたいときは「お手すきでしょうか」

「お手すき」を使うもう一つのケースは、相手に時間の余裕があるかどうかを尋ねたいときです。相手に何か頼みたい仕事や用件があるとき、「〇〇をお願いしたいのですが、お手すきでしょうか」というように使います。

多くの職場でビジネスパーソンは多くの仕事を抱えているものですが、「お手すきでしょうか」の一言を添えることで、お互いに気持ちよく仕事をすることができるのです。

緊急・重要用件に「お手すき」は使わない

急ぎの要件を頼むときに、「お手すき」という言葉は使いません。通常ビジネスパーソンは複数の仕事を優先度や重要度によって順位付けしています。急ぎの要件は優先的に着手しなければならないものですが、「お手すきの際に」と言って頼むとそれが伝わらず、後回しにされてしまうためです。

また「お手すき」は、重要な要件にも使いません。「お手すき」には「仕事の合間」という意味合いがあるため、短時間で終わる簡単な要件のときに使います。

「お手すき」は就業時間内に使う

職場での「お手すき」は、仕事の合間という意味合いです。したがって「お手すき」を使うことができるのは、就業時間内となります。

終業時刻以降に仕事を依頼する場合には、「就業時間後で申し訳ありませんが」とお詫びの気持ちを示してから、「お時間をいただいてよろしいでしょうか」と許可を求める表現を用います。

「お手すきの際に」と言われたら

「手すき」になるまで放置しないで

自分が「お手すきの際に」と言われた場合、実際に手が空くまで放置しないほうが良いでしょう。

後でやろうと思っていてそのまま忘れてしまうこともあるし、早く確認したほうが良いものであることも考えられるからです。特に連絡がほしいと言われたケースでは、その日のうちにしておくことをおすすめします。

依頼を受けたことへの連絡だけでもしておきたい

資料などを「お手すきの際に」確認してほしいというような依頼を受けた場には、確認作業は後回しにするとしても、早めに「後日確認して連絡する」という旨の返信を行うことが望ましいものです。

ビジネスでのやりとりに、放置しておいてもよいものはまずありません。たとえ優先度や緊急度が低い依頼であっても、連絡を受けたことを認識していることを知らせるだけで、相手を安心させるとともに自分への信頼度を高める結果となるのです。

「お手すき」の類語

「お時間のあるときに」は「空き時間があるときに」という意味

「お時間」とは相手の空き時間のことを指す敬語で、「お時間のあるときに」は、「お手すきの際に(折に)」と同じ意味の言葉です。

ビジネスシーンやメールだけでなく、日常会話でも「またお時間のあるときに、お会いしたいですね」のように用いられています。なお、もっと丁寧に言いたいときには「お時間がおありでしたら」がおすすめです。

「ご都合のよいときに」は「予定がないときに」という意味

「都合」には「事情」や「具合」のほか、「繰り合わせる」という意味がありますが、「ご都合」とした場合は相手の予定のことを指す敬語となります。

「ご都合のよいときに」は、「お時間のあるときに」より将来的な要件に対して用いられるもので、もっと丁寧にしたいときには「ご都合のよろしいときに」、あるいは「ご都合のほどはいかがでしょうか」がよいでしょう。

まとめ

「お手すき」の意味と使い方のほか、類語についても紹介しました。よく使う言葉はつい気軽に扱いがちですが、使用する相手や場面によって使い方や意味合いが微妙に違ってくることがあります。その意味でも、「お手すき」は意外と取り扱いが難しい言葉といえるものです。