「お伺いします」は誤った表現?二重敬語や意味別の使い方・例文も

「お伺いします」は、ビジネスだけでなく日常生活においてもよく見聞きする言葉ですが、実は誤った敬語なのです。また複数の意味があるため、使い方に注意が必要な言葉でもあります。この記事では「お伺いします」の敬語としての誤りのほか、正しい使い方や3つの意味とそれぞれの例文についても紹介しています。

「お伺いします」は誤った敬語?

「伺う」に「お」をつけても失礼ではない

自分の動作であり謙譲語でもある「伺う」に、接頭辞「お」をつけても謙譲語にはならないのではという考えがあります。

しかし「お」は、尊敬語・謙譲語・美化語のいずれにも対応できる接頭辞であり、「お伺い」の「お」は謙譲語として用いられているものです。

また、自分の動作であってもそれが向かう先が立てるべき人物である場合につけられる「お」は、謙譲語となります。

「お伺いします・お伺いいたします」は二重敬語

敬語に同じ用法の敬語を重ねた表現を二重敬語といいます。「お伺いします」や「お伺いいたします」に使われている「お伺い」は、謙譲語の「お」と「伺い」が重なった二重敬語です。

本来誤った表現とされる「お伺いします・お伺いいたします」ですが、ビジネスシーンや日常で使う敬語として定着しています。

二重敬語のパターン
・お伺いします
 お(謙譲語) + 伺い(謙譲語) + します(丁寧語)
・お伺いいたします
 お(謙譲語) + 伺い(謙譲語) + いたし(謙譲語) + ます(丁寧語)

「お伺いさせていただきます」は押しつけがましい印象も

「お伺いいたします」と同じくらいよく使われている表現に、「お伺いさせていただきます」があります。もともと二重敬語である「お伺い」がベースになった表現のため正式には誤りです。

「させていただきます」は、「する」の使役形である「させて」に「もらう」の謙譲語である「いただく」と丁寧語の「ます」が付いたものですが、自分の行動に対して相手の承諾を前提にした言い回しであるため、やや押しつけがましさのある表現といえます。

したがって、丁寧さを増したいと思って「お伺いさせていただきます」を使うのは、適切といえません。

「お伺いします」の正しい敬語表現とは?

「お伺いします」の正しい敬語は「伺います」

「お伺いします」や「お伺いいたします」などの表現から、重なった敬語を外した「伺います」が正しい敬語です。

しかし、「伺います」より「お伺いします」のほうが見聞きする機会が多く、「伺います」では敬意や丁寧さが足りないように感じる場合もあります。敬語を用いる理由は相手や周囲に対する気遣いにあるため、受け手がどう感じるかという点が最も大切といえます。

そのため、「お伺いします」が一般的に違和感なく使われている表現であれば、無理をして「伺います」を使わなくてもよいでしょう。

「伺う」を相手の言動に使うのは誤り

「伺う」という言葉自体が謙譲語であるため、メールに限らず相手のことに対して使うことはできません。たとえば担当に直接尋ねてほしい場合や別の部署へ行ってほしい場合などは、ビジネスでよくあるケースです。

このようなときに、「担当に直接お伺いください」や「〇〇部署まで伺ってください」とするのは誤りで、「担当に直接お聞きください」や「〇〇部署までお出でになってください」とします。

「お伺いします」の意味とは?

「お伺いします」の意味は3通り

「お伺いします」は、以下のように3通りの意味で使われます。

  1. お話をお伺いします:話を聞きます
  2. お名前をお伺いしてよろしいでしょうか:名前を尋ねてもよいですか
  3. 営業所へお伺いします:営業所へ行きます

「お伺いします」の3通りの意味は「伺う」によるもので、それぞれの意味を以下に紹介します。

「伺う」の意味1:「聞く」の謙譲語

「伺う」は「聞く」の謙譲語で、元の意味は神仏のお告げを聞くことでした。聞くという意味で「伺う」を使う場合、「話者」や「会話の相手」への敬意を表します。

たとえば「講演会で専門家に話を伺う」の場合は話者である「専門家」、「先生のお噂はかねがね伺っております」の場合であれば会話の相手である「先生」となります。

しかし「先生のお噂はかねがね祖父から伺っております」とすると、謙譲の対象が身内である祖父となるため誤りです。

「伺う」の意味2:「尋ねる(質問する)」の謙譲語

「伺う」は「尋ねる」という意味の謙譲語でもあります。「詳しくお話を伺いたいのですが」や「お名前を伺います」という表現は、相手にものを尋ねるときによく用いられる表現です。

また、「お伺いを立てる」とは、ある事柄に関して上司や目上の人に問題が無いか確認するときに使います。「伺う」のもともとの意味として、神仏の意向を尋ねるということを表しているといえます。

「伺う」の意味3:「訪れる(行く)」の謙譲語

「伺う」の3つ目の意味は「訪れる(行く)」の謙譲表現です。お告げを聞くために神仏のところに赴くということから、「伺う」が「訪れる」という意味でも用いられるようになりました。

「明後日、お伺いして差し支えないでしょうか」という言い回しは、ビジネスでよく用いられているものです。

なお、「訪れる」という意味で「伺う」を使う場合、向かう先に相手がいることが前提となります。たとえば東京にいる相手に会いに行く場合であれば、「来週東京へ伺います」と言えますが、東京に行くけれど相手には会わない場合には、「伺います」ではなく「参ります」という表現がよいでしょう。

「お伺いします」の意味別の例文

「聞く」「尋ねる(質問する)」という意味の例文

  • 行政に対してのご意見やご要望は、こちらの専門部署でお伺いします。
  • 詳しくお話をお伺いしたいので、日を改めて訪問いたします。
  • 言葉こそ「例の件についてお伺いします」と丁寧だったが、彼の態度は尋問に近かった。

「訪れる(行く)」という意味の例文

  • 詳しくお話をお聞かせ願いたいので、日を改めてお伺いします。
  • 明日お伺いしたいのすが、お時間のご都合はいかがでしょうか。
  • 次回は部長の〇〇と2名でお伺いしますので、よろしくお願いたします。

「お伺いします」のメールでの使い方

メールでは「お伺いします」を言い換える

先に紹介したように、「お伺いします」には複数の意味があります。話し言葉の場合、会話の流れや動作などで意味を補うことができますが、メールの場合は誤解が生じることがあるので注意が必要です。

対策としては「聞く」「尋ねる」「訪れる」を「お伺いします」以外の謙譲語で表すとよいでしょう。

たとえば「聞く」は「拝聴する」でもよいのですが、相手によっては「お聞かせください」などのほうが適切かもしれません。ワンパターンにならないように、複数の言い回しをストックしておくことをおすすめします。

メールや書類は「二重敬語」が目立ちやすい

話し言葉より、メールなどの書き言葉における誤用のほうが気になるものです。「お伺いします」は一般的に通用する言葉ですが二重敬語であるため、別の表現を用いることを考えてみましょう。

言いたいことを簡単に謙譲語に変えるには、謙譲語にあたらない言葉を選んで「お」と「する」で挟むという方法があります。たとえば「尋ねる」は「お尋ねする」、「訪れる」は「お訪ねする」のようにするのです。

まとめ

「お伺いします」の敬語として誤っている点のほか、正しい使い方や意味別の例文などについて紹介しました。

広く使われている言葉であれば、誤用に目くじらを立てないほうがよいケースもあるでしょう。しかし、正しい使い方や他の言い回しを知っておく必要はあります。知っていて使わないことと知らなくて使えないことは、同じように見えても違うものだからです。