「ご容赦」の意味は?類語「ご了承」やビジネスでの使い方・例文も

「ご容赦」とは、「容赦」に「ご」をつけた敬語表現です。ビジネスにおいてはさまざまな場面で使われるため、ぜひマスターしておきたい言葉です。

この記事では、「ご容赦」の意味や使い方を例文をまじえながら解説します。使い分けに迷うことのある「ご容赦ください」と「ご了承ください」との違いも示しています。

「ご容赦」の意味と読み方とは?

意味は「とがめないでほしい」読み方は「ごようしゃ」

「ご容赦」は「ごようしゃ」と読み、「容赦」の頭に「ご」をつけて敬語の形にしたもので、目上などの相手に「容赦」をお願いする表現です。「容赦」とは「罪や不行き届きなどを許して、とがめないこと」「手落ちなどをゆるすこと」を表します。

「ご容赦ください」「ご容赦いただけますと幸いです」などの敬語表現とすることで、「とがめないでほしい」「ゆるしてほしい」という気持ちを丁寧に伝えることができます。

「事前に断りを入れる」意味の「ご容赦ください」

「ご容赦ください」とは「とがめないでください」という意味であることを説明しましたが、事前に容赦を願い出る場合の「ご容赦」には、別のニュアンスも含まれています。

近い意味を持つのが「エクスキューズを入れる」という表現です。「エクスキューズ」とは、英語を語源とするカタカナ語で、「言い訳」という意味です。「エクスキューズを入れる」との表現には、言い訳というニュアンスを含みながら、「事前に断りを入れる」という意味があります。

事前に「ご容赦ください」と相手に容赦をお願いする表現においては、「ゆるしてほしい」という意味よりも、事前に断りを入れるというエクスキューズを入れるに近い意味であることを覚えておくと意味をつかみやすいでしょう。

「容赦」には「手加減をすること」という意味も

相手に容赦をお願いする「ご容赦」とは別に、「容赦」として使う場合には「手加減をすること」「事情を考慮しない」という意味もあります。

「情け容赦なく責め立てる」「容赦なく時間だけが過ぎる」などの使い方をします。「ご容赦」と使うときの意味とは異なることを覚えておきましょう。

「ご容赦」のビジネスでの使い方と注意点

「ご容赦ください」のビジネスでの使い方

こちらに何らかの落ち度があった場合や、何らかの不具合などが起こる可能性がある場合に「〇〇についてご容赦ください」という表現をします。

しかし、ビジネスシーンにおいて取引先や顧客などを相手に使う場合は、落ち度の謝罪というよりもなんらかの好ましくない事柄が起こることが想定されている場合に、「事前の予告」として使われることが多いです。先に説明した「エクスキューズを入れる」に近い意味の使い方です。

「自分の落ち度を謝罪する」場合は表現に注意

事前の断りではなく、自分の落ち度に対して相手に容赦をお願いする場合は、使い方に注意が必要です。たとえば「先ほどメールを誤送信してしまいましたがご容赦ください」などの使い方をする場合は、相手が同僚であればよいかもしれませんが、上司や取引先に対する場合には一方的にならないような配慮が必要です。

「ください」の言い切りで終わる場合の押しつけのイメージを回避するため、「ご容赦いただけますと幸いです」「ご容赦いただけますでしょうか」などのように、語尾を和らげる表現にするのがよいでしょう。

「ご容赦ください」を使った表現と例文

「予めご容赦ください」を使った例文

事前の告知として使う場合に多く用いられる表現が「予め(あらかじめ)ご容赦ください」です。たとえば顧客に対し、「事前に告知した情報が予告なく変更する可能性」を案内する場合に使われます。また、事前に断りを入れておくことで、あとでとがめられるリスクを回避する方法でもあります。

例文

予告なく変更する場合があります。予めご容赦くださいませ。

「何卒ご容赦くださいませ」を使った例文

「ご容赦ください」をより丁寧に表現する場合は、「ご容赦くださいませ」と語尾に「ませ」をつけます。さらに強く気持ちを伝えたいときは「何卒ご容赦くださいませ」と「何卒(なにとぞ)」を添える使い方もあります。

「何卒(なにとぞ)」とは、「どうぞ」「どうか」「ぜひとも」と同じ使い方をする言葉で、相手に強く願う気持ちを表します。許しを強く願うときに「何卒お許しください」と使ったりもします。

例文

〇〇の場合は中止となる場合がございます。お客様にはご迷惑をおかけしますが、何卒ご容赦くださいませ。

「何卒ご容赦賜りますようお願い申し上げます」を使った例文

「何卒ご容赦くださいませ」よりもさらに丁寧にしたい場合には、「何卒ご容赦賜りますようお願い申し上げます」という表現もできます。

「賜る」とは「もらう」の意味の謙譲語で、「目上の人からいただく」という意味があります。(「ご愛顧を賜る」等の表現がよく使われています。)

謙譲語を使う「ご容赦賜りますよう」という表現は、自分がへりくだることで「とがめないことを願う」という気持ちを相手を立てながら伝えるものです。

さらに「お願い申し上げます」とつけてあくまでもお願い文にすることで、こちらの気持ちの押しつけにならないよう、配慮を重ねています。

例文

営業時間を短縮して営業しております。何卒ご容赦賜りますようお願い申し上げます。

「ご容赦いただけますと幸いです」を使った例文

「ご容赦ください」「予めご容赦ください」「ご容赦願います」などの表現は、言い切りの形で終わるため相手が一方的な押しつけのように感じる可能性があります。

多くの人に対して一斉に通知するウェブサイトや文書においては問題ありませんが、顔が見える相手に対して配慮をしたい場合には、言い切りで終わらない表現にすることで雰囲気を和らげることができます。

「ご容赦いただけますと幸いです」との表現は、「お許しいただくことができればうれしく思います」という相手に判断をゆだねるニュアンスを持つことから、一方的な押しつけのような印象を回避できます。

ただし「ご容赦いただいてもよろしいでしょうか」と全面的に相手に判断をゆだねているわけではない、玉虫色の表現であることが特徴です。

例文

明日はお休みをいただいております。ご不便をおかけするかもしれませんが、ご容赦いただけますと幸いです。

「ご容赦」と類語「ご了承」「ご理解」の違いとは?

類語「ご了承」には「ゆるしをこう」意味がない

「了承(りょうしょう)」とは「理解・納得して承知すること」という意味です。「ご了承ください」との敬語は、理解・納得を丁寧にお願いする表現です。そのため、理解を求めたい内容全般に対して「ご了承ください」は使うことができます。

一方で「ご容赦ください」は、「ゆるし」をこう意味が含まれた内容に関して理解・納得をお願いする表現です。相手に対して不利益となるような事柄についての理解を求める場合は「ご了承」を使うこともできますが、「ゆるしてほしい」という意味を強調したい場合には「ご容赦」を使います。

「ご了承」よりも「ご容赦」が適する例

相手に不利になる意味を持つ事前の断りであれば、「ご了承ください」よりも「ゆるしてください」という意味を持つ「ご容赦ください」の方が適当な場合があります。

たとえば、プレゼントが応募数に達した場合は打ち切られるという案内をする場合、「予めご了承ください」よりも「予めご容赦ください」のほうが「すみませんが、おゆるしください」という気持ちを伝えることができます。

「ご了承」と「ご容赦」の比較例文
  • 応募数に達した場合はプレゼントを終了します。予めご了承ください。
  • 応募数に達した場合はプレゼントを終了します。予めご容赦ください。

また「ご了承ください」とは、こちらの申し出や事情などを納得して承知してくださいという意味であるため、状況によっては一方的に事情を押しつけているようなニュアンスが生じることもあります。

「ご容赦ください」は「ご理解ください」の意味を含む

「ご容赦ください」は、諸藩の事情を汲んで状況を「理解」いただき責任を問うことのないようお願いします、という意味を含んで使われます。

先に示したプレゼントの打ち切りの例においては、予めプレゼントが打ち切られることを断るとともに、その運用についての「理解」を求めています。

しかし、「予めご理解ください」と表現するのでは直接的すぎるため、ゆるしてくださいという意味の「ご容赦」が一般的に使われています

まとめ

「ご容赦」は「ご容赦ください」「何卒ご容赦くださいませ」「ご容赦いただけますと幸いです」などの表現で、ビジネスにおいては事前に相手に断りを入れる際の表現として多く使われます。

自分の落ち度などについてゆるしてほしいという意味で「ご容赦ください」と使う場合には、一方的な押しつけにならないよう配慮が必要です。やわらかい表現としては、「ご容赦いただけますと幸いです」などのように言い切りを避ける言い回しがあります。