「老婆心」の意味とは?「老婆心ながら」と返し方の例文・類語も

「老婆心」とは必要以上の度を越した世話をやいたり気づかいをしたりする気持ち。読み方は「ろうばしん」で、男女問わず目上の人から目下の人に対して使える表現です。

この記事では「老婆心」の意味や語源について、使い方やそう言われたときの返し方を例文とともに解説。あわせて類語との違いや英語表現も紹介します。

「老婆心」の意味と読み方は?

「老婆心」の意味は「度を越した世話をやく気持ち」

「老婆心」の読み方は「ろうばしん」です。意味は、年配者が若者に対して親切心からあれこれと度を越した世話をやいたり気づかいをしたりすること。またその気持ちをさす言葉です。

「老婆心」や「老婆心ですが」などの言葉をつけることで、相手に対して忠告やアドバイスをそのまま伝えるよりも柔らかい印象になります。そのため、助言を聞いてもらいやすくなるでしょう。

年配者にとっては相手のためを思う親切心からの言動ですが、世話を受ける側にとっては口うるさいおせっかいと感じることも。それは理解した上で、必要以上に世話をやく自分自身の言動に対しへりくだって言う表現が「老婆心」。相手に対して叱ったり怒ったりというものではなく、経験などに基づいたアドバイスを伝えるというニュアンスです。

「老婆心」の語源は仏教用語「老婆心切」

「老婆心」の語源は「老婆心切(ろうばしんせつ)」です。

「老婆心切」は仏教用語のひとつで、年配女性が持つ孫や子どもに対しての深い愛情や度を越した気づかいという意味の言葉。ここでの「切」は「心に深く感じるもの」や「心にこめる」という意味で使われています。

「老婆心」は男女どちらも使える

「老婆心」の「老婆」が年配の女性をさす言葉であることから、女性しか使えない言葉と思っている人も多いのではないでしょうか。実は「老婆心」は男女問わず使用できる言葉です。

相手のためを思って親切からあれこれと世話をやく気持ちが「老婆心」。言葉の意味に女性であることは特に含まれていないため、男性が「老婆心ですが」などと使用しても問題はありません。

「老婆心」の使い方と例文

「老婆心」は目上から目下に使う

「老婆心」という言葉は、目上の人から目下の人に対して、親切心から忠告や助言をするときに使う言葉です。年配者が自分の知識や経験から、若者につい口出しをしたいときに「老婆心ですが」などと枕詞として使います。

上司など目上の人に対して使うと、相手に向かって親切なアドバイスをするというニュアンスになってしまい、失礼にあたります。目上の人に対しては使用しないようにしましょう。

「老婆心ながら」などの言い回しで使う

「老婆心」という言葉を使うときは「老婆心ながら」や「老婆心ですが」という言い回しをします。

「ながら」とは「そうではあるが」や「にもかかわらず」という意味。二つの相反する動作などを結びつける接続助詞です。「老婆心ながら」は「必要以上の世話を焼いて申し訳ありませんが」というニュアンスになります。

また「ですが」も相反する意味の言葉を結ぶ接続詞。「老婆心ですが」と使うと「必要以上の世話をやきますが」というニュアンスになります。

「老婆心」への返しには感謝の言葉を

年配者から「老婆心ですが」や「老婆心ながら」と助言やアドバイスをされた場合には、「ありがとうございます」や「アドバイスに感謝いたします」など、感謝の言葉を返しましょう。

「老婆心」はあくまでも親切心からの助言やアドバイスです。多少口うるさく感じたとしても、その親切心に対しては感謝の言葉を返すのが礼儀です。特にビジネスシーンでは礼を述べておくのが無難でしょう。

他に「承知しました」や「勉強になりました」など、相手の意見を受け入れる返し方もあります。

「老婆心」を使った例文

  • 老婆心ながら、体調が悪いなら帰ったほうがよいですよ。
  • 老婆心とは思いながらつい新入社員に助言をしてしまうので、嫌がられていないか心配だ。
  • 気持ちはわかるが、老婆心ながら言わせてもらうとその転職は無謀としか思えないんだ。
  • 忙しいのはわかりますが夜道は危険なので早く帰ったほうがよいですよ、老婆心ですが。

「老婆心」「老婆心ながら」の類語・類義語は?

「老婆心」の類語は「おせっかい」「余計なお世話」

「老婆心」の類語には「おせっかい」や「余計なお世話」が当てはまります。

「おせっかい」とは必要以上に人の世話をやくこと。本人は親切からよかれと思っていますが、世話を受ける相手は迷惑と感じることも。また「余計なお世話」も受ける側が迷惑に感じるほどの不必要な世話をやくことです。

「老婆心」は年配者が若者に対して親切心からあれこれと世話をやいたり気づかいをしたりすること。「おせっかい」や「余計なお世話」も必要以上に相手の世話をやくことという意味のため、ほぼ同じ意味と言えるでしょう。ただし「老婆心」には自分の言動をへりくだるニュアンスが含まれています。言い換えとして使う場合には、前後のニュアンスの違いに注意が必要です。

目下から目上には「僭越ながら」「お言葉ですが」

「老婆心」は目上から目下に対して使う言葉です。目下から目上に対して助言やアドバイスなど意見を伝える場合には「僭越ながら」や「お言葉ですが」という表現を使いましょう。

「僭越(せんえつ)」とは立場や身分を超えて出すぎたまねをすることという謙遜表現。「僭越ながら」は「身分不相応なことをして申し訳ありませんが」というニュアンスで、ビジネスシーンなどあらたまった場でも使える言葉です。

たとえば、式典で目上の人をさしおいて乾杯の音頭をとることになったときに「僭越ながら乾杯の音頭をとらせていただきます」などと使います。この場合には、仕方なくさせていただくというニュアンスです。

また「お言葉ですが」は、相手の言葉に対して反対意見を述べる場合に使います。目上の人に対して使える表現ではありますが、相手の言葉や話の内容を否定したり拒否したりするニュアンスを含むため、軽率に使用するとトラブルに発展する可能性も。相手との関係性にも寄りますが「お言葉ですが」を使用する場合には、それなりの注意と覚悟が必要でしょう。

他に「恐れながら」や「失礼ながら」なども、目上の人に対して意見を述べるときに使えます。

「老婆心」の英語表現は?

「老婆心ながら」は英語で「out of kindness」

「老婆心ながら」の英語表現には「親切心から」というニュアンスの「out of kindness」というフレーズが使えます。「kindness」は「親切」や「やさしさ」という意味の単語です。

また「余計なおせっかい」というニュアンスの「for your own good」も「老婆心」を表現するのに使える英語フレーズです。

まとめ

「老婆心(ろうばしん)」とは、年配者が若者に対して親切心からあれこれと度を越した世話をやいたり気づかいをしたりする気持ちのこと。「老婆心ですが」や「老婆心ながら」などの言い回しで使います。

類語には「おせっかい」や「余計なお世話」などがあり、どちらもほぼ同じ意味として使える言葉。ただし「老婆心」には自分の言動をへりくだるニュアンスが含まれているため、言い換える場合には注意が必要です。

ビジネスシーンでも、上司など目上の人から「老婆心ながら」とアドバイスや助言を受けることがあります。口うるさく感じることもあるかもしれませんが、あくまで親切心からの助言やアドバイスです。その親切心に対して感謝の言葉を返すのが礼儀でしょう。