「気の置けない」の意味とは?正しい使い方や類語・対義語も解説

「気の置けない」とは気づかいする必要がないという意味の言葉。仲の良い友人のことを「気の置けない友人」と表現します。また「気が置けない」も同じ意味で、どちらも間違いではありません。

この記事は「気の置けない」の意味や語源をはじめ、使い方や例文の解説です。類語・対義語や英語表現についても紹介します。

「気の置けない」の意味とは?

「気の置けない」の意味は「気づかいの必要がない」

「気の置けない」とは「気を使わない」という意味です。ここでの「気」とは気づかいのこと。また「置けない」には「使わない」や「使う必要がない」という意味があります。

「気の置けない友人」と言った場合「気づかいをする必要がない友人」や「遠慮のいらない友人」というニュアンスであり、相手との仲が良いことを表現する言い回しです。

「気の置けない」の語源は「気の置ける」

「気の置けない」の語源は「気の置ける」という言葉にあります。

「気の置ける」とは「気を使う」という意味の言葉。ここでの「置ける」はに「使う」や「してしまう」というニュアンスです。つまり否定の形である「置けない」の場合は「使わない」や「しない」という意味になります。

ここから「気の置けない」という言葉の「気を使わない」「遠慮をする必要のない」という意味につながっています。

「気が置けない」も同じ意味

「気の置けない」と同じ意味で「気が置けない」と表現する人もいます。「気の置けない」と「気が置けない」はどちらも間違いではなく同じ意味の言葉。「気の置けない友人」と「気が置けない友人」は両方とも「気づかいの必要のない友人」という意味で使える言い回しです。

ただし「彼女は気が置けない」と使う場合には「気の置けない」よりも「気が置けない」のほうが適しているでしょう。

「気の置けない」の使い方と例文

仲の良い友人や仲間のことをさして使う

「気の置けない」という言葉は、仲の良い友人や仲間のことを表現するときに使う言葉です。

たとえば、学生時代からの友人や仲間について「彼女は学生時代からの気の置けない友人です」や「久しぶりに気の置けない仲間が集まった」などと表現します。どちらも、気づかいの必要もなくとても仲が良い相手であることを意味した言い回しです。

「気を使わない〇〇」という意味で使う

「気の置けない」は友人や仲間など人に対して使うことが多いですが「気づかいや遠慮をする必要がない」という意味で、さまざまな言葉につけて使うことができます。

たとえば「気の置けない場所」や「気の置けない話題」と使った場合、それぞれ「気を使う必要のない場所」「気を使わない話題」というニュアンスです。

「仲が良くない」という意味で使うのは誤用

「気の置けない」を「仲が良くない」という意味として捉えている人が多くいます。「置けない」という打ち消しの言葉が入っているためネガティブなイメージを受けやすいことから「気が置けない」は「仲が良くない」という意味と捉えられやすいようです。

しかしこれは誤用です。「気の置けない友人」は仲の良い友人のことですので、正しい意味を把握しておきましょう。また、正しく使用している場合に相手にも正しい意味が伝わるよう、前後の文脈などに注意が必要です。

「気の置けない」を使った例文

  • 彼女とは子供のころからの付き合いで、気の置けない友人なんです。
  • 今度の休みには、気の置けない仲間たちと久しぶりのランチ会があるので楽しみです。
  • 失恋で落ち込んでいる私を励まそうと、気の置けない仲間が集まってくれた。
  • 地元に帰るたびに集まる気の置けない仲間との時間が宝物だ
  • 気の置けない家族との時間にホッとします。

「気の置けない」の類語とは?

「気の置けない」の類語は「遠慮のない」

「遠慮がない」とは「遠慮をする必要がない」や「遠慮しなくてもよい」という意味。遠慮をする必要がない友人や仲間のことを「遠慮がない友人」や「遠慮がない仲間」と表現します。

気づかいをする必要のないという意味の「気の置けない」に対し、遠慮をする必要がないというニュアンスなのが「遠慮のない」は、ほぼ同じ意味であり、言い換えとしても使える言い回しです。

「気心の知れた」も「気の置けない」の類語

「気心の知れた」は「気持ちや考え方を自然に知ることができる」という意味。「気心の知れた仲」と表現した場合には、気持ちや考え方を自然に知ることができるくらい親しい仲だというニュアンスです。

「気の置けない」は気づかいの必要がないという意味ですが、「気心の知れた」は気持ちや考えが自然にわかるほど親密だという意味。ニュアンスは多少違いますがほぼ同じ意味でもあるため、シーンによっては言い換えとして使っても問題ないでしょう。

「気の置けない」の対義語・反対語とは?

「気の置けない」の対義語は「気をつかう」「遠慮する」

「気の置けない」の対義語には「気をつかう」や「遠慮する」があります。

「気をつかう」とは、気づかいをしたりあれこれと気配りをしたりすること。「気をつかう相手との食事は肩がこる」などと表現した場合「あれこれと気配りが必要な相手との食事は疲れる」というニュアンスです。

また「遠慮する」は相手に対して自分の言動を抑えたり慎んだりすること。「遠慮する相手」と表現すると、自分の言動や行動を抑える必要のある相手という意味になります。

気づかいの必要がないという意味の「気の置けない」に対し、あれこれと気配りをするという意味の「気をつかう」は反対の意味と言えます。また「気の置けない」には遠慮する必要のないというニュアンスもあるため「遠慮する」も反対の意味と言えるでしょう。

「気の置ける」は「気の置けない」の反対の意味

「気の置ける」は「気の置けない」の反対の言葉で「気づかいの必要がある」や「遠慮の必要がある」という意味。たとえば「彼は気の置ける人だ」と表現した場合「彼は気づかいの必要がある人」という意味になり、彼との間に距離があるというニュアンスです。

ただし「気の置けない」という言葉を「仲が良くない」という意味として捉えている人が多くいるように、「気の置ける」を「仲が良い」という意味として理解している人もいます。そのため「気づかいの必要がある」という意味を相手が正しく理解していない場合には正しい意味が伝わらない可能性も。

シーンや相手によっては「気をつかう」や「遠慮する」など別の類語に言い換えるなどの注意が必要でしょう。

「気の置けない」の英語表現は?

「気の置けない友人」は英語で「close friend」

「気の置けない」を英語で表現するには「close」という単語が適しています。「close」は「閉じる」や「密閉」という意味ですが、他にも「近い」という意味があります。

「close friend」は「気の置けない友人」や「親友」というニュアンスを伝えるのに適したフレーズです。

まとめ

「気の置けない」とは「気を使わない」や「気づかいの必要がない」という意味の言葉。「気の置けない友人」や「気の置けない仲間」と言った場合、気を使わない友人や遠慮する必要のない仲間ということであり、仲の良さを表現します。

しかし「置けない」という打ち消しの言葉のイメージから「気の置けない」を「仲が良くない」という意味として捉えている人は多くいます。そのため「気の置けない」という言葉を使うときには正しい意味が相手に伝わるように、文脈に気を使ったり類語に言い換えたりするなど、注意が必要でしょう。