「お手数おかけします」は正しい敬語?意味や使い方・類語も紹介

「お手数おかけします」は、ビジネスでしばしば使われている表現です。しかし「を」がないことから、敬語として正しいのかという疑問の声もあるようです。この記事では、「お手数おかけします」の意味や敬語としての正しさを解明しています。また使い方や返事・類語なども紹介しており、何かと役立つ内容となっています。

「お手数おかけします」の意味と使い方とは

「相手に負担をかけることへの謝罪」を意味する

「お手数おかけします」は、相手に負担や労力をかけてしまうことに対する謝罪の気持ちを示したいときに用いられる言葉です。

「手数」には「必要となる動作や作業などの数」のほか、「他人のためにかける労力」という意味がありますが、「お手数おかけします」での「お手数」は後者の意味合いです。

「お手数」の読み方は「おてすう」

「お手数」の元となっている「手数」の読み方には、「てすう」と「おてかず」の2種類があります。

二字熟語では、各々の漢字の読み方によって「音読み+音読み」「訓読み+訓読み」「音読み+訓読み(重箱読み)」「訓読み+音読み(湯桶読み)」がありますが、「重箱読み」と「湯桶読み」は変則的な読み方です。

「手数」の場合、「てすう」は「湯桶読み」にあたるため「てかず」のほうが正当といえるものですが、「お手数おかけします」では「てすう」と読みます

「お手数おかけします」はクッション言葉

「お手数おかけします」は、本題に入る前の前置きとして使われることが多い言葉です。ビジネスでは簡潔明瞭な表現が必要であると同時に、相手に対する気遣いを示す言葉遣いも重要なので、覚えておくと役立ちます。

たとえば相手に何かしてほしいことがあるとき、いきなり「〇〇をお願いいたします」とするのではなく、「お手数おかけしますが」とひとこと置いてから本題を続けるという使い方をします。

またお礼を述べるとき、「ありがとうございます」の前に「お手数をお掛けしました」と置く使い方もよく見られる表現です。

「お手数おかけしますがよろしくお願いします」と結ぶ

「お手数おかけします」はクッション言葉として本題の前に置く以外に、結びの言葉として使うこともできます。

ビジネスにおいては、最後に「よろしくお願いします」で締める事例が多くみられますが、ここで「お手数おかけしますがよろしくお願いします」とすることで、相手に負担や労力をかけることへのお詫びと感謝の意を表すことができるのです。

「お手数おかけします」の誤用に注意

「お手数おかけします」は、自分が相手に負担や労力をかけてしまうことに対する謝罪の言葉です。したがって、「お手数おかけしますが、後ほどご連絡いたします」のように、自分の労力に対して使うと誤用となります。

なお、「お手数おかけします」を「お手数をかけさせますが」としている事例が見受けられますが、これも誤用です。

「お手数おかけします」の正しい敬語表現とは

「お手数おかけします」は二重敬語ではない

「お手数おかけします」は、「手数」に敬語を作る接頭辞の「お」を付け、「かける」を「お〜する」という謙譲語にしたうえで、「する」を丁寧語の「します」に変えた言葉です。

「お」が2つ含まれていますが、「お手数おかけします」は二重敬語ではありません。二重敬語とは、1つの言葉に対して同じ種類の敬語を重ねて使っているものですが「お手数おかけします」の場合、「お手数」と「おかけします」は別の言葉です。なお「お手数」は尊敬語、「おかけします」は「謙譲語+丁寧語」です。

メールでは「お手数をおかけします」と正確に

「お手数おかけします」は、電話や会話など口頭のやりとりで特によく用いられています。しかし正確には格助詞の「を」を抜かずに、「お手数をおかけします」としなければなりません。

格助詞は、名詞句(主語や目的語など)と述語との関係を表すものです。そのなかで「を」は述語との関係性が強い傾向があるため、「あの映画見た?」というように、話し言葉ではしばしば省略がみられます。

口頭では多く用いられている「お手数おかけします」ですが、メールや手紙などの文書においては「お手数をおかけします」と記述されるケースが一般的です。書面で見ると「を」の有無は明らかに違うもので、「お手数おかけします」では脱字に見えることもあります。したがって、文書では「を」を省かないほうが無難でしょう。

「お手数ですが」は「お手数おかけしますが」の簡略形

「お手数ですが」は「お手数おかけしますが」を簡略にしたもので、同じ意味合いを持つ言葉です。したがって、「お手数おかけしますが」の言い換えとして使うことができます。

しかし、相手に敬意を表したい場面では「お手数ですが」ではなく、「お手数(を)おかけしますが」の使用が適切です。

「お手数をおかけいたします」でさらに敬意を表す

「おかけします」の「お~します」を「お~いたします」に変えることで、さらにへりくだった表現となり敬意を表すことができます。

「いたします」は「する」の謙譲語である「いたす」の丁寧語で、ビジネスではしばしば用いられているものです。なお「お手数ではございますが」という表現も、敬意を表せる言い回しです。

「お手数おかけします」を使った例文

「お手数おかけします」を使った例文

  • お手数をおかけいたしますが、ご対応のほどよろしくお願い申し上げます。
  • お忙しいところお手数おかけしますが、何卒よろしくお願いいたします。

「お手数おかけします」への返事・返信例文

「お手数おかけします」と言われた場合、恐縮している相手の気持ちをほぐす言葉を入れた返事をすることで、お互いに気持ちよく仕事を行えます。具体的な返答例は以下のとおりです。

  • 承知いたしました。
  • お気になさらないでください。
  • どういたしまして。

「お手数おかけします」の類語・言い換え

「ご面倒をおかけします」は相手への迷惑を詫びる表現

「面倒」には、「煩わしいこと」「厄介なこと」のほか「世話をすること」などの意味があります。そのため「ご面倒(を)おかけします」は、「お手数おかけします」より相手への負荷が大きい場合に適した言い回しです。

特に何らかの迷惑をかけたことへのお詫びを伝えたい場合に、しばしば「ご面倒をおかけして申し訳ありません」というように使われています。

「ご足労をおかけします」は足を運んでもらう際の表現

「足労(そくろう)」とは「行く」ことや「来る」ことを意味する言葉で、「ご足労をおかけします」はわざわざお越しいただくことへの感謝を表す言葉です。

本来であれば自分が出向くべきところを、わざわざ相手が足を運んでくれたような場合によく使われます。特に雨の日などには「お足元の悪い中、ご足労をおかけしました。」という表現を用いると、相手への気遣いを示すことができるのでおすすめです。

「お手間おかけします」は間違った表現

「お手間」と「お手数」を混同した「お手間おかけします」は、誤りです。「手間」は「仕事などに費やす時間や労力」という意味ですが、「手間をかける」とした場合には自分が時間や労力を費やすことを指します。

一方、相手に対して「手間」を使いたい場合には、「手間を取らせる」とします。また「お手間を取らせる」は、「お手間を取らせてしまい、申し訳ありませんでした」というように、実際に手間をかけてしまったときの謝罪の言葉として使うケースが多い言い回しです。

まとめ

「お手数おかけします」は正しい敬語?という疑問に、意味や使い方・類語なども紹介しながら答えました。

「お手数おかけします」は、格助詞の「を」を省いた表現です。音の関係で一般的に口頭では違いが不明瞭ですが、文書では脱字を疑われることもあり得るため、手紙やメールなどでは「を」を忘れないようにすることをおすすめします。