「お目通し」の意味や敬語表現とは?メールでの使い方や類語も解説

「お目通しください」のようにビジネスシーンでは相手に資料を渡すときによく使われていますが、正しく「お目通し」という言葉を使えているでしょうか。

この記事では、「お目通し」の意味と使い方の解説に併せて、「お目通し」をつかった言い回しや、「お目通し」を使うときの注意点と類語なども紹介します。

「お目通し」の意味とは?

「お目通し」の意味は「すべてに見を通すこと」

「お目通し」の意味は、初めから終わりまですべてに目を通すことです。じっくりと読み込むという意味ではなく、短い時間で読み通すときに使われる言葉です。

また丁寧な意味を表す接頭辞「お」がついているため、「目通し」の丁寧な表現になっています。

「お目通し」の読み方は「おめとおし」

「お目通し」は「おめとおし」と読みます。どの漢字も訓読みをして「通し」が濁らないように気をつけてください。

「お目通し」の使い方とは?

「お目通し」は上司にも使える敬語

「お目通し」は、「目通し」という言葉に丁寧な意味を表す接頭辞「お」がついている敬語であり、上司などの目上の人にも使えます。ただし堅苦しい響きのあるため、ビジネスシーンなどで使われることが多いでしょう。

「いただく」や「ください」などの言葉を続けて使う使い方が一般的です。

「お目通し」はメールや文書で使われる

「お目通し」は硬い表現であることから、書き言葉としてよく使われます。敬語表現として、目上の人に送るビジネスメールや文書で使うとよいでしょう。

「お目通しいただく」の表現でよく使われる

「お目通し」に謙譲語「いただく」をつけた「お目通しいただく」の表現でよく使われます。「いただく」は、自分の行為などによって人が利益を得られるという意味です。また謙譲語で相手に対して自分をへりくだる表現になっています。

つまり「お目通しいただく」とは、「自分が提示したものを相手に見てもらうこと」または「確認してもらうこと」という意味で使われ、さらに相手に対して敬意を表す表現です。

「お目通しいただく」を使った例文
  • お目通しいただけますか。(読んでもらいたいものを渡すとき)
  • お目通しいただけましたか。(読んでもらったのか確認するとき)

「お目通し」を使った言い回し

「お目通しいただきたく存じます」

「お目通しいただきたく存じます」とは、見てもらいたいとお願いするときに使われる表現です。「お目通しいただく」に「思う」という意味の謙譲語「存じる」に丁寧語の「ます」を使った丁寧な表現になっています。

「お目通しいただければ幸いです」

「お目通しいただければ幸いです」も見てもらいたいと相手にお願いする表現です。「お目通しいただきたく存じます」よりもやわらかい印象を与えます。

相手に対して丁寧な印象を与えられる一方で、急いでいるときにはあまり向いていない表現です。明日までに目を通してもらいたい資料を依頼する場合は「お目通しいただきたく存じます」の方がよいでしょう。

「お目通しいただけますでしょうか」

「お目通しいただけますでしょうか」も目を通すようにお願いするときの表現です。「いただけますでしょうか」という表現は敬語として過剰のように聞こえることもありますが、二重敬語ではなく正しい敬語表現です。

「お目通しいただく」は謙譲表現で「ます」は丁寧語、「でしょうか」は丁寧語「だろう」の疑問形で連語として使われる言葉です。「ます」と「でしょうか」の両方とも丁寧語ですが、「でしょうか」は連語として「ます」に添えられていると考えるため二重敬語ではありません。

「でしょうか」と疑問形にすることで柔らかい表現にもなり、上司や目上の人に対して丁寧にお願いするときに使えます。

「お目通しいただけましたでしょうか」

「お目通しいただけましたでしょうか」は、「お目通しいただけますでしょうか」の「お目通しいただく」を過去形にした敬語表現です。

「お目通しいただけますでしょうか」との違いは、「お目通しいただけましたでしょうか」は「すでに目を通したのか」という意味の丁寧な表現のため、「お目通しいただけますでしょうか」よりも相手に読むように催促する気持ちが強まった表現になります。

相手に対してプレッシャーを与えることもあるため、話すときのトーンがきつくならないように気をつけましょう。

「お目通しいただきますようお願い申し上げます」

「お目通しいただきますようお願い申し上げます」とは、目を通してもらえるようにお願いするときの謙譲表現です。

「お願い申し上げる」は「願う」という言葉に、「お~申し上げる」という謙譲表現と結びつけて、「ます」という丁寧語で締めくくっています。また文中の「ますよう」とは丁寧語の「ます」に、婉曲的な命令や希望を意味する助動詞「ようだ」の連用形「ように」の「に」が省略されています。

「お目通しいただきますようお願い申し上げます」は硬い表現として、ビジネスメールや文書の文末などで使われることが多いでしょう。

「お目通しください」

「お目通しください」は目を通してほしいという意味の尊敬表現です。「ください」は「与える」という意味の尊敬語である動詞「くださる」の命令形で、相手に敬意を示しお願いする表現になっています。

「お目通し」を使ったほかの言い回しに比べるとシンプルな表現ですが、「お目通しください」は目上の人にも尊敬の意を表せる表現です

「お目通し」を使うときの注意点

「お目通り」と間違えやすい

「お目通し」に似た言葉に「お目通り」があります。一字違うだけですが、「お目通り」とは「貴人にお目にかかること」という意味で、「お目通し」とは全く違う意味の言葉ですメールや手紙など書き言葉として使うときに書き間違えないようにしましょう。

熟読してもらいたいときは使わない

「お目通し」は相手に最初から最後までさっと読んでもらいたい時に使う言葉です。熟読してもらいたいときに使う言葉としてはそぐわないため、「ご一読ください」や「お読みいただきたく存じます」という表現がよいでしょう。

「お目通ししなさい」は間違った表現

「お目通し」は敬語表現であるため目上の人に使う表現です。「~しなさい」は上から目線で使う命令形で、「お目通ししなさい」という使い方は間違った使い方です。「お目通ししておくように」も同じ理由で間違った使い方になります。

正しくは「目を通しておいてください」のように接頭辞の「お」を使った表現をするか、上記で紹介した「お目通し」の言い回しを使うようにしましょう。

「お目通し」の類語・類義語

「ご一読」とは「一度読むこと」

「ご一読(ごいちどく)」とは「一度読むこと、一通り読むこと」という意味の敬語です。「お目通し」のように最初から最後までさっと目を通すという意味で使われます。

「ご一読ください」や「ご一読いただきありがとうございます」のように使います。

「ご確認」とは「内容を確かめること」

「ご確認」とは「内容を確かめること」という意味の敬語です。「お目通し」よりも「確かめる」という意味合いが強くなるため、相手に渡した資料や文書を読んでもらい内容を確認してもらいたいときに使われる表現です。

「ご高覧」は「見る」という意味の尊敬語

「ご高覧」とは「見る」という意味の尊敬語で、全体的に見るという意味合いが含まれた「お目通し」と似た言葉です。

ただし「ご高覧」はかなりかしこまった表現になるため、目上の人でも特に敬意を表すべき相手に対して用いられる言葉だということを覚えておきましょう。

「お目通し」の英語表現

「お目通しください」は英語で「look through, please.」

「お目通しください」は英語で「look through, please.」と表現します「look」は見るという意味の動詞で、「through」は通りに抜けるという意味があり、最初から最後まで貫くという状況でよく使われる助詞です。

「read through」は「一通りよく読む」という意味

「お目通し」の意味から「読む」という意味の英単語を使い「read through」にすると、「最初から最後までよく読んでください」という意味になります。「お目通し」のさっと読むというニュアンスがなくなるため、上手に使い分けてみてください。

まとめ

「お目通し」とは「すべてを見ること」という意味の敬語で、ビジネスシーンなどではよく使われています。目上の人に読んでもらいたい資料などがあるときには、「お目通し」を使った言い回しを使ってみましょう。

ABOUT US

Light1
「難解なワードでもわかりやすく」をモットーに、常識ワードからビジネス用語、時には文化・アート系など、幅広く記事を書かせていただいています。ドイツ在住で2児の母。好きな食べ物はビターチョコレートとナッツ類。