「横紙破り」の意味と語源とは?慣用句としての使い方と類語・英語も

「横紙破りの行動」「横紙破りの人」というように、社会人になると「横紙破り」という慣用句をよく耳にすることがあります。「横紙破り」は、無理やりに物事を押し通すことという意味で使われますが、語源を知ると興味深いものがあります。

ここでは「横紙破り」の意味や使い方の他、類語や英語フレーズについて紹介します。

「横紙破り」の意味と語源とは?

「横紙破り」の意味は「無理に押し通すこと」

「横紙破り」とは「物事を無理に押し通すこと」を意味します。たとえ、それが道理に合わなくても、常識から外れていて明らかに間違っていても、無理やりに物事を推し進めることを「横紙破り」といいます。

「横紙破り」は、筋道の通らないことを平気でやらかしたり、守らなければならないルールや鉄則などを無視して行動することを表します。つまり、周囲にとって「難しい人」「お手上げな人」という風に映ることもあります。

また「横紙破り」は、主に人の性格や行動パターンなどに対して用いられるため、「横紙破りの人」という言い回しを多く使います。

「横紙破り」を「横紙」「横紙裂き」と言うことも

「横紙破り」は、言葉を省略して「横紙」と二文字で言い表したり、「横紙裂き」と言い表すこともあります。「横紙破り」と並んで「横紙」も「横上裂き」も同じ意味となり、同じ意図をもって使われます。たとえば「横紙な人」「横紙裂きの行動」などと言うこともあります。

「横紙破り」の語源は和紙が持つ特性

「横紙破り」は和紙が持つ特性が語源となっています。和紙を含む一般的な紙は、製造する際に、一定の方向に従って、原材料である繊維を流し込みます。この時にできる並行な目を「漉き目(すきめ)」と言い、通常、この漉き目が「横ではなく縦」に入るようにします。

「漉き目」は紙の製造過程で重要な工程の一つです。そのため「漉き目」がちぐはぐであったり、一定の方向に流れていない場合は、シワがつきやすくなったり、紙の出来上がりが粗末になってしまうことがあります。

障子や高級和紙と呼ばれる製品は「漉き目が縦」ですが、これを横にしたものが「横紙」です。つまり、通常の目ではなく、その逆「横に破る」ことを意味したものが「横紙破り」となります。

和紙を横に裂くのは難しい

「横紙破り」の語源である「和紙」は、縦に裂くとほぼまっすぐに、綺麗に破ることができます。これは「漉き目」が縦に入っているからであり、逆に横に無理に裂こうとすると、曲がったり、斜めに破れたりします。これは、紙の性質に反しているからです。

このように、語源である和紙の性質を知ると「横紙破り」の意味も、容易に理解できるでしょう。

「横紙破り」の使い方と例文

「横紙破り」は肯定的な意図では使われない

「横紙破り」は「常識破りなことを押し通すこと」「筋違いなことを無理矢理に実行する」といった意味があるため、文章で用いる場合は、ほとんどのケースで肯定的な意図で使われることはありません。

どちらかと言えば「横紙破り」は相手の言動や態度などに対し、やや批判的な意図をもって使わることが多いです。

もちろん「横紙破り」とは、決して誉め言葉ではありません。道理に叶わない物事や、常識から外れたことを、当たり前のようにしたり、それを強引に押し通すことを意味するからです。

「横紙破り」を使って遠まわしに批判する

「横紙破り」という表現を用いて、相手の強引な様子を「遠回し」に批判することもできるでしょう。つまり「あの人は横紙破りだ」などと、ストレートな表現を使わず、「あの人は横紙破りの人だ」とたとえることで、多少、語調を和らげることができるという意味です。

もちろん「横紙破り」は「物事への強引さ」や「配慮のなさ」を表す慣用句であることには変わりはありません。しかし「横紙の性質」にちなんだ言い回しにせよ、やはり、やや批判的なニュアンスを伴うという点は理解しておきましょう。

「横紙破り」は人の意見に耳を貸さない人に使われる

「横紙破り」という慣用句を使うのに最も適しているのは、「人の意見に耳を貸さない人」です。つまり、周囲の人や周りの家族、友達などが何を言っても、どう説得しても「聞かない人」また「見向きもしない人」ということになります。

「横紙破り」は、性格的に超頑固な人や、周囲や現状を理解しない人、またチームワークに欠けたり、ワンマンに物事を進めるような人に対して使われます。

「横紙破り」を適切に使った例文

  • 社長にはワンマンが多いと聞くが、うちの社長は横紙破りの人ではない。
  • 横紙破りな行動が目立つようになったのは、結婚後、一家の主となってからだ。
  • 有言実行なのは尊敬できるが、常識を外れた決断には首をかしげる。

「横紙破り」の類語は?

「横車を押す」は「無理に物事を行うこと」

「横車を押す(よこぐるまをおす)」とは、「無理に物事を行う」や「常識外れなことを行う」という意味を持ちます。そういったことから「横紙破り」と、ほぼ同じ意味を持つとも言えます。

当然、車は縦に押さなければ進むことはありません。もちろん、強引に横に押そうとしても、車輪が上手に回転しないため、動くことすらないでしょう。このような背景からも理解できるように、強引に物事を進めようとすることを「横車を押す」といいいます。

「ごり押し」は「物事を強引に押し進めること」

「ごり押し」は比較的、新しい言葉の一つですが、意味は「物事を強引に押すこと」となります。つまり、人の意見や世評などに耳を傾けず、相手に配慮のない行動を指します。言葉が示すように「ゴリゴリと押す」という意味ですから、かなり強引な様子がうかがわれるでしょう。

また「ごり押し」は、俗語的な要素が強い言葉です。そのため、フォーマルな場面やビジネスメールなどで使うのはあまり適切ではありません。言葉を使う状況や相手を考えてから、使うようにしましょう。

「横紙破り」の英語フレーズはどうなる?

「横紙破り」の英語1「force」

「横紙破り」は「無理強いして物事を行う」という意味です。英語圏では、そのような場面で「force(強引に何かをさせる」」という単語をよく使います。「force」は非常に強い言葉で、選択の余地なく、嫌でもそうさせるというニュアンスがあります。

  • 私のボスは横紙破りで、何があろうとも部下に強引に残業をさせる。
    My boss always force his subs to overwork no matter what.

「横紙破り」の英語2「do not listen」

「横紙破り」とは、つまり周囲の意見や考えを聞かず、物事を押し通すことです。そういった意味からも「do not listen(話を聞かない)」というフレーズを使うこともできます。

  • 彼は横紙破りで、人に筋の通らないことを強制的にさせる。
    He never listen to anyone but compel them to do things that hardly make any sense.

まとめ

「横紙破り(よこがみやぶり)」とは「道理に叶わないことを強引に押し通すこと、またはそのような人」という意味があります。「横紙破り」は「和紙」を語源に持つ慣用句で、和紙の渡り目の特性「横に破りにくい」というところから、生まれた慣用句となります。

社会人になると、職場で「横紙破りな人だ」「あの行動は横紙破りだ」というような会話を耳にすることもあるでしょう。完全に否定的な言い回しではありませんが、肯定的に使われることも少ないと言えます。

ぜひ、使う相手や状況に気を付けながら、「横紙破り」という表現を上手に使っていきましょう。

ABOUT US

snowymt11
都内私立大卒(経済学部)、旅行会社、中堅商社を経て、豪州に移住。母親に小さい頃から「ことわざ」「言い伝え」「四字熟語」を毎日聞かされていた経緯あり。読んでいて疲れない記事書きがモットーです。日本最高!