「机上の空論」の意味とは?類語「絵に描いた餅」や対義語・例文も

「机上の空論」とは「役立たない意見や理論」を意味することわざで、「机上の空論に終わる」のように使います。似た意味のことわざと混同し「砂上の空論」と誤用していませんか?

この記事では「机上の空論」の使い方や例文、類語の「絵に描いた餅」について解説します。くわえて「机上の空論」の対義語や、英語表現も解説しましょう。

ことわざ「机上の空論」の意味とは?

「机上の空論」の意味は「役立たない意見」

「机上の空論(きじょうのくうろん)」とは「頭の中だけで考えた、現実では役に立たない意見や計画」を意味することわざです。「机上」は「机の上」を、「空論」が「現実的ではない考えや理論」をそれぞれ意味しています。

どれほど意見したり計画を立てたりしても現実的でなければ意味がない、というようなマイナスな意味を含む表現です。

四字熟語では「机上空論」と表す

「机上の空論」は四字熟語で「机上空論(きじょうのくうろん)」と表します。読み方や意味に違いはなく、「役に立たない計画や意見」を意味します。「机上空論でしかない」や「机上空論だ」のように使いましょう。

「机上の空論」の使い方と例文

 

「机上の空論」で役に立たない理論や計画を表す

「机上の空論」は役に立たない理論や計画、意見に対して使われます。たとえば短期間で痩せるために、毎日20キロのランニングと500回のスクワットを計画するとしましょう。

毎日続けられたらそれなりの効果があるかもしれませんが、20キロや500回という数字は現実的ではありません。例のように「頭で考えただけで実際には意味のない計画」を、「机上の空論」と呼びます。

「机上の空論に終わる」とは実現せずに終わること

「机上の空論」は「机上の空論に終わる」や「机上の空論に過ぎない」のように使いましょう。「机上の空論に終わる」は「実行することができず、役に立たない計画として終わること」を意味します。

また、「机上の空論に過ぎない」は「頭の中で考えた計画が、非現実的な計画でしかないこと」を意味します。計画が実現しない状況や、役立たない計画だと指摘する状況で使用しましょう。

「砂上の空論」という表現は誤り

「机上の空論」を「砂上の空論(さじょうのくうろん)」と表すのは、誤用であるため注意しましょう。「砂上の空論」は「机上の空論」と「砂上の楼閣(さじょうのろうかく)」が混ざった表現です。「砂上の楼閣」とは「基礎ができあがっていないため長続きしないこと」や「実現できないこと」を意味します。

「実現できない」という意味は共通していますが、2つは全く別のことわざです。また、「砂上の空論」の他にも「卓上の空論」や「机上の理論」などと間違われやすいため、気をつけましょう。

「机上の空論」を使った例文

  • 机上の空論に終わらないよう、もう少し綿密に計画を立てよう。
  • 君の考えは机上の空論にすぎないと、一蹴された。
  • たしかに正しい意見なのだろうが、現場を無視した机上の空論でもある。
  • この計画を実現させなければ、やはり机上の空論だと言われてしまう。

「机上の空論」の類語とは?

類語1【絵に描いた餅】役に立たないこと

「机上の空論」と似た意味をもつ言葉(類語)には「絵に描いた餅」が当てはまります。「絵に描いた餅」とは「役に立たないこと」や「価値がないこと」を意味することわざです。どんなに上手に餅を描いたとしても、絵では腹の足しにならないことから「役に立たない」「価値がない」を意味するようになりました。

「机上の空論」と「絵に描いた餅」は「役に立たないこと」という意味が共通しているため、言い換えが可能です。

類語2【空理空論】現実離れした理論のこと

「空理空論(くうりくうろん)」も「机上の空論」と似た意味をもちます。「空理空論」とは「非現実的で役に立たない理論」を意味する四字熟語です。「空理」と「空論」はどちらも「現実とかけ離れた、価値のない理論」を意味しており、2つをあわせて使うことで「価値のない理論」という意味を強めています。

「机上の空論」と「空理空論」は「現実では役に立たない理論」という意味が共通しているため、言い換えてみましょう。

「机上の空論」の類語を使った例文

  • 考え方としては面白いが、実現するのは難しい。結局は絵に描いた餅だ。
  • この計画書が絵に描いた餅にならないよう、願うばかりだ。
  • 現実を無視して、空理空論をもてあそんでいるだけだ。
  • 空理空論な発言ばかりしているから、民衆からの支持が得られないのだ。

「机上の空論」の対義語とは?

対義語1【論より証拠】証拠を示すことで明らかになること

「机上の空論」と反対の意味をもつ言葉(対義語)には「論より証拠(ろんよりしょうこ)」が当てはまります。「論より証拠」とは「口先だけの議論よりも、証拠を示すほうが物事は明らかになること」を意味することわざです。

「机上の空論」のあれこれ考えるだけで役に立たない意見とは反対に、議論よりも証拠が重要であることを説いています。

対義語2【不言実行】黙って実行すること

「不言実行(ふげんじっこう)」も「机上の空論」と反対の意味をもちます。「不言実行」とは「あれこれ言わず、黙って実行すること」を意味する四字熟語です。「机上の空論」の考えるだけで現実的ではない意見と反対に、「不言実行」は口を動かす前に行動することを表します。

「不言実行」は主にネガティブな発言をしないで実行することを意味するため、不平不満や文句を言わない状況で使用しましょう。

「机上の空論」の対義語を使った例文

  • まあ論より証拠、これから私たちが出す結果を見ていてください。
  • 論より証拠と言うように、考えて議論するだけでなく行動で示すべきだ。
  • 不言実行に憧れるが、行動に移す前につい文句を垂れてしまう。
  • 有言実行にしろ不言実行にしろ、決めたことを成し遂げるのはすごい。

「机上の空論」の英語表現と例文

英語訳1【Look good on paper】

「机上の空論」の英語表現に適しているのが「Look good on paper」です。「Look good on paper」を直訳すると「紙の上ではよく見える」となり、書類上や理論上ではよさそうに見えるが実際は役に立たないものを意味します。

「good」を「great」に変えて「Look great on paper」と表すこともあり、見映えだけの経歴や計画に対して多く使われます。

英語訳2【Pie in the sky】

「Pie in the sky」も「机上の空論」の英語表現として使えます。「Pie in the sky」とは「実現性のないもの」を意味する表現です。直訳すると「空にあるパイ」になり、現実ではありえない様子を表しています。

「机上の空論」の英語を使った例文

  • His plan looks good on paper but not going well.

意味:彼の計画はよくみえるが、上手くいかないだろう。

  • When I said that I would be president, I was laughed at that’s a pie in the sky.

意味:社長になると言ったら、実現性がないと笑われた。

まとめ

「机上の空論」とは「頭の中だけで考えた、現実では役に立たない意見や計画」を意味することわざです。非現実的で役に立たない意見などに対し、「机上の空論に終わる」や「机上の空論に過ぎない」のように使われます。

類語には「絵に描いた餅」や「空理空論」が当てはまりますが、「砂上の空論」は誤用であるため注意しましょう。