「あばたもえくぼ」の意味や使い方は?類義語や逆の意味の言葉も

「あばたもえくぼ(痘痕も靨)」は、欠点も長所に見えるという恋愛心理を表現することわざです。ラブソングの歌詞にも使われるなど、恋をしている人の気持ちを表しています。

ここでは「あばたもえくぼ」の意味や使い方と例文について解説します。類語・類義語や逆の意味のことわざ、英語表現についても紹介しましょう。

「あばたもえくぼ」の意味とは?

「あばたもえくぼ」の意味は「欠点も長所に見えること」

「あばたもえくぼ」とは、好きになった相手のあばたがえくぼに見えてしまうこと。転じて、好きになった相手なら欠点も長所に見えるということのたとえです。

「あばた」とは肌についた傷跡のこと。好きになった相手のことはひいき目にみてしまうため、傷跡もえくぼに見えるように悪い部分もよいものに見えてしまうという、恋愛に関する心理状態を表した表現です。

「あばたもえくぼ」は漢字で「痘痕も靨」

「あばたもえくぼ」を漢字で書く場合には「痘痕も靨」と表記します。しかし、読むにも書くにも難しい字のため、漢字を使わずひらがなで「あばたもえくぼ」と書くのが一般的でしょう。

「痘痕」は「あばた」の他に「とうそう」とも読みます。

「あばたもえくぼ」の語源は「天然痘」

「あばたもえくぼ」の語源は「天然痘」にあります。

「痘痕(あばた)」とは「天然痘(てんねんとう)」による発疹からなる傷跡のこと。「天然痘」とは世界規模で猛威を振るい、1980年に人類史上初にして唯一根絶に至った感染症です。

天然痘による発疹は、肌にくぼみのような傷跡を残します。その傷跡が「あばた」です。肌がくぼんだような状態になりあまりよい見た目のものではありません。しかし、同じようにくぼんだ状態になる「えくぼ」はかわいらしく魅力的な印象です。

傷跡である「あばた」が、似てはいるもののまるで反対の印象を与える「えくぼ」に見えるほど、恋愛による心理状態には相手をひいき目に見るチカラがあることを表したのが「あばたもえくぼ」という言葉です。

「あばたもえくぼ」の使い方と例文

恋愛をしている心理状態

「あばたもえくぼ」は、恋愛をしているときの心理状態について使われる言葉です。

人は誰しも恋をするとその相手をひいき目にみてしまい、他の人からは欠点や短所とされる部分が、自分には長所に見えることがあります。この状態が「あばたもえくぼ」です。誰かに恋をすると、相手の欠点も長所に見えてくるのは恋愛心理のひとつです。

たとえば、周囲の人から「話下手であまり喋らない人」と思われている彼に恋している場合などに使います。「彼の無口でクールなところがすてきなの」と言われても「あばたもえくぼだね」と周囲の人は思ってしまうものです。しかし、迷惑がかからないことであれば、恋をしている人のことを微笑ましいとも思えるでしょう。

周囲が見えなくならないように注意喚起

「あばたもえくぼ」は、恋愛において周囲が見えなくなっている人に対して注意喚起をするときにも使える言葉です。

たとえば、恋をしている友人が相手のどんな言動も良いところだと受け入れてしまっているときなどです。「あばたもえくぼにならないようによく考えてみて。」などと言うことで、欠点を長所を思わないよう気をつけてという注意喚起のニュアンスになります。

「あばたもえくぼ」を使った例文

  • みんなは彼があまり喋らなくてよくわからない人というけど、無口でクールなところがすてきなのよ。
  • 最初は社交的なところがステキに思えたけどただの遊び人だった。あばたもえくぼになってたわ。
  • あばたもえくぼにならないように、落ち着いて考えないとひどい目にあうよ。

「あばたもえくぼ」の類語・類義語は?

「あばたもえくぼ」の類語は「屋烏の愛」

「屋烏の愛(おくうのあい)」とは、深く人を愛していると、愛する相手が住んでいる家の屋根にとまる烏(からす)ですら愛らしく思えるようになること。愛する人に関わるものは全て愛してしまうほど、深い愛情だという意味の言葉です。

「あばたもえくぼ」は、恋をすると相手の悪い部分もよいものに見えてしまうという、恋愛に対する心理を表した表現ですが、「屋烏の愛」は相手の周囲のものすべてがいとおしいというニュアンス。よく似た意味ではありますが「屋烏の愛」のほうがさらに深い愛を表現しています。

「恋は盲目」も「あばたもえくぼ」の類語

「恋は盲目(こいはもうもく)」とは、恋をすると当たり前の判断ができなくなるということ。理性や常識を失い周囲のものが何も見えなくなってしまうほど恋に夢中であるという意味の言葉です。

恋をすると相手の悪い部分もよいものに見えてしまうという意味の「あばたもえくぼ」に対し、「恋は盲目」は冷静な判断ができなくなるほど恋に夢中になっているというニュアンス。意味はよく似ていますが「恋は盲目」のほうが、より周囲の注意なども受け入れられないほど恋にのめりこんでいるようすを表現しています。

「あばたもえくぼ」の逆の意味の言葉は?

「あばたもえくぼ」の対義語は「坊主憎けりゃ袈裟まで憎い」

「坊主憎けりゃ袈裟まで憎い(ぼうずにくけりゃ けさまでにくい)」とは、相手を憎むあまりその人に関わる全てのものまで憎くなること。「坊主」は僧侶のことで、「袈裟(けさ)」とは僧侶が身につけている衣装のことをさします。相手が着ている衣装まで憎くなるほど、強い憎しみを表したことわざです。

「あばたもえくぼ」は恋をすると相手の欠点も長所に見えてしまうという意味ですが、「坊主憎けりゃ袈裟まで憎い」は憎む相手に関係するものも憎いというニュアンス。まるで反対の意味と言えるでしょう。

「親が憎けりゃ子も憎い」も「あばたもえくぼ」の対義語

「親が憎けりゃ子も憎い」とは、親が憎いあまりその子どもまで憎いという意味の言葉。転じて相手を憎むあまり関わる他の人も憎くなるという意味で「坊主憎けりゃ袈裟まで憎い」とほぼ同じ意味のことわざです。他にも「法師憎けりゃ袈裟まで憎し」などの言い回しもあります。

どれも意味は「坊主憎けりゃ袈裟まで憎い」と同じで、その人に関わる衣装や子どもまで憎くなること。それほどまでの強い憎しみを表したことわざで「あばたもえくぼ」の逆の意味の言葉です。

「あばたもえくぼ」の英語表現は?

「あばたもえくぼ」は英語で「Love sees no faults」など

「あばたもえくぼ」を英語で表現するには「Love sees no faults」を使うのが一般的です。「faults」は欠点や短所のことで、直訳すると「愛は欠点を見ない」となります。また「愛は盲目」というニュアンスの「Love is blind」も「あばたもえくぼ」の英語表現として使えるフレーズです。

似た意味のフレーズは他にもいくつかあります。恋をすると悪いところも良く見えるという恋愛心理は世界共通ということなのでしょう。

例文
  • Love sees no faults. (愛は欠点を見ない)
  • Love is blind. (愛は盲目である)
  • Love covers many infirmities. (愛は多くの欠点をかくす)
  • One cannot love and be wise. (恋したら理性的ではいられない)

まとめ

「あばたもえくぼ(痘痕も靨)」とは、好きになった相手のことは、欠点も長所に見えてしまうという、恋愛に関する心理状態を表した表現です。

「屋烏の愛」や「恋は盲目」など、似たような意味合いの恋愛心理に関することわざは多くあります。英語のフレーズにも同じような表現がいくつもあるのをみても、そのような恋愛心理は世界共通と言えそうです。