「お世話になります」は上司に使える?メールの返事や言い換えも

「お世話になります」という言葉は、ビジネスで常套句のように使われているため、ひんぱんに見聞きされるものです。しかし相手や場面によっては、違う言葉で言い替えたいこともあるかもしれません。この記事では、「お世話になります」の正しい意味と使い方のほか、メールでの返事や言い換えについても紹介しています。

「お世話になります」の意味とは?

「間を取り持ってもらう相手への挨拶」という意味合い

「お世話になります」は、間を取り持ってもらうことになる方への挨拶としてよく使われるものです。「世話」の意味には「面倒を見る」「関係を取り持つ」「手間がかかる」などがありますが、「世話になる」は「援助を受ける」「面倒をかける」「やっかいになる」ことなどを指すものです。

ビジネスは顧客だけでなく、取引先など多くの人々との関わり合いや援助によって成り立っていますが、「お世話になります」はそのようなの援助をしてくださる方へのご挨拶としての意味合いがあります。

「お世話になります」は普通の挨拶としても使われる

「お世話になります」は、世話になることへのご挨拶という意味ではなく、「お疲れ様です」のようなビジネス上の挨拶として使われるケースも多くみられます。

取引先へ訪問したときやメールの冒頭など、「お世話になります」は本題に入る前の挨拶として気軽に使うことができるものです。

「お世話になります」は上司や目上の人に使える?

「お世話になります」は主に社外向けの言い回し

「お世話になります」は、「世話になる」に敬語を作る接頭辞の「お」と、聞き手への丁寧さを表す助動詞「ます」がついた言い回しです。

そのため「お世話になります」は目上の方に使うことができますが、一般的に取引先や顧など社外に向けて使われ、社内の上司に対しては使われないこと多いようです。

「お世話になります」を上司に使っても問題なし

通常「お世話になります」は社外向けの言葉として使われていますが、社内連絡の際に「お世話になります」を使っている会社もあります。

ほかにも社内で新しくプロジェクトチームに加わるときや、業務などを教わるときの挨拶としても、「お世話になります」が使われます。したがって、上司に「お世話になります」を使ってはいけないというものではありません。

「お世話になります」の使い方と例文

メールの書き出しに使う「お世話になります」

「お世話になります」は、メールでの書き出しの言葉としてよくみられる表現です。「お世話になります。○○株式会社の△△と申します」というように、定型的に用いられています。

また新任の挨拶メールで、「本日よりお世話になります◯◯と申します。どうぞよろしくお願いいたします。」というように使うことも可能です。

「お世話になります」は口頭でも使える

「お世話になります」は、対面で会話するときや電話営業の際にも使うことができます。「お世話になります。担当の〇〇です。」という表現は、最初の挨拶としてよく耳にするものです。

その後、「どうぞよろしくお願いいたします。」や「本日はお時間をいただきありがとうございます。」と続けてから、本題に入るとよいでしょう。

「お世話になりました」はお礼の言葉

「お世話になります」を過去形にした「お世話になりました」は、お世話になったことへのお礼の言葉として使うものです。以前にお世話になった方と再会したときには、「その節は、大変お世話になりました。」というように用います。

また、商談を終えてその場を辞するときに「本日はお世話になりました」と、別れの挨拶として使うことも可能です。

「お世話になります」への返事は「こちらこそ」

「お世話になります」は、通常の挨拶として常套句のように使われるケースが多くみられます。そのため、「お世話になります」とそのまま返しても特に問題はありませんが、気になるようであれば「こちらこそお世話になります」とすることで違和感のない文章となります。

しかし、口頭でのやり取りではオウム返しのようになるため、「こちらこそよろしくお願いします」や「いつもありがとうございます」のように返事をすれば、スムーズに会話が進むでしょう。

「お世話になります」と「お世話になっております」の違い

「お世話になります」は初めての相手に使う言葉

「お世話になります」は本来、これまでやりとりがない初めての相手に対して使う言葉です。「なります」は、今の状態からある状態へ変化することを表す「なる」に、丁寧語の「ます」がついてできています。

つまり「お世話になります」は、「今まで援助を受けていなかったけれど、これから援助を受ける状態へと変化します」と言っているわけです。しかし現在では、既存の顧客や取引先に対しても「お世話になります」が使われています。

「お世話になっております」はすでに取引があるときに使う

「お世話になっております」は、すでに何らかの取引ややりとりがある相手に対し、日ごろのお付き合いへの感謝を込めて使います。

本人同士が初対面かどうかは関係なく、これまでにビジネスがある会社との連絡や、個人的にメールや電話などでのやりとりがあったり、担当を引き継いだりするようなケースで使われるものです。初めて相手とコンタクトを取るようなときには使うことができませんが、実際には区別することなく「お世話になります」が用いられています。

なお、相手が大切な顧客や取引相手である場合には、「平素はお世話になっております」という丁寧な表現がおすすめです。

「お世話様です」は軽めの言い回し

「お世話様です」は、「お世話になっております」と同じ意味合いの言葉です。しかし、やや軽い言い回しで敬意を表すものではないため、目上や社外の方に対して使うと失礼にあたります。

また気の置けない相手であっても、ビジネスメールなどの書き言葉としての使用はふさわしくありません。したがって、「お世話様です」は社内で部下や同期に対する労いなど、口頭での使用に限定したほうが無難です。

「お世話になります」の類語・言い替え

久しぶりの相手なら「ご無沙汰しております」

しばらく交流がなかった相手と久しぶりに取引を行うような場合には、「お世話になります」より「ご無沙汰(ごぶさた)しております」がおすすめです。

「ご無沙汰」は、便りや知らせという意味の「沙汰」がないことを表す「無沙汰」に接頭辞の「お」が付いたもので、長らく便りをしないままでいたことを表す言葉です。

常套句のように「お世話になります」を使うのではなく、シチュエーションに合わせて他の言葉に言い替えることで、相手に対する関心を示すことができます。

取引先には「ご愛顧いただきありがとうございます」

日頃お付き合いのある取引先に対しては、「お世話になります」の代わりに「いつもご愛顧いただきありがとうございます」や、「平素よりお引き立ていただきありがとうございます」がよいでしょう。

これらの言葉は、初めて取引する相手に対して使うことはできませんが、「今後ともご愛顧を賜りますようお願いいたします」「引き続きお引き立てのほど、よろしくお願い申し上げます」のようにすれば、結びの言葉として用いることができます。

まとめ

「お世話になります」の正しい意味と使い方だけでなく、メールでの返事や言い換えについても紹介しました。「お世話になります」のように常套句化した言葉は何気なく使いがちです。しかし別の言葉で言い替えることによって、相手への気遣いを示すことができます。効率や成果が優先されるビジネスにおいても、ちょっとした気遣いができる余裕を大切にしたいものです。