「ご賞味ください」の意味とは?メールでの使い方や例文・類語も

飲食店などで「ご賞味ください」と言ってお店の人が商品をすすめてくることがありますが、実はこの「ご賞味ください」は目上の人に使ってはいけないことを知っていましたか。

この記事では「ご賞味ください」の意味や使い方の他に、使うときに注意点などを解説します。「ご賞味ください」の使い方に迷った時にご参照ください。

「ご賞味ください」の意味とは?

「賞味」の意味は「食べ物のおいしさを味わいながら食べること」

「賞味」の意味は食べ物のおいしさを味わいながら食べることです。「賞味」の「賞」という漢字には功績や善行などを褒めるという意味があるので、「賞味」は「味を褒める」ということになります。

したがって「賞味」の意味は、食べ物を口にするときその味をよく味わい、その味が素晴らしいという気持ちで食べることになります。

「ご賞味ください」の意味は「味わいながら食べてください」

「ご賞味ください」という表現ではどういう意味になるかというと、それは「そのおいしさを味わいながら食べてみてください」という意味になります。

接頭辞の「ご」は尊敬の意味を表し、「ください」は尊敬語の動詞「くださる」の命令形で、その意味は与えるです。つまり「ご賞味ください」とは「賞味」を使った尊敬表現です。

しかし「ご賞味ください」の本質的な意味は「おいしさを味わいながら食べること」です。ただ食べるのではなく味わうことを強制しているところがあるので、「ご賞味ください」は尊敬表現でありながら、相手に対して押しつけている意味合いも含まれた表現だと言えます。

「ご賞味ください」の正しい使い方と例文

食べ物を提供する側が「ご賞味ください」と使う

「ご賞味ください」という表現は食べ物を提供する側が、ぜひ口にして味わうよう商品をすすめるときに使います。

たとえば店頭で商品を販売しているスタッフや商品の製造者、レストランやカフェなどの飲食業では接客にあたるウェイターやウェイトレス、料理を作ったシェフなどが当てはまります。

「ご賞味ください」には、提供する商品には自信があるのでぜひ味わってもらいたいという意味合いが込められています。お客さんに丹精を込めて作った商品を提供する際にふさわしい表現です。

例文
  • (店頭でお客さんに)
    新商品が発売されました。当店の自信作です。どうぞご賞味ください。
  • (レストランでシェフがお客さんに)
    本日はようこそおいでくださいました。季節のコース料理をご賞味ください。

「ご賞味ください」は飲み物をすすめるときも使える

「ご賞味ください」の「賞味」という言葉から食べ物を味わうことを連想しがちなのですが、「ご賞味ください」は飲み物をすすめるときにも使えます。「飲み物を味わってください」という意味で「ご賞味ください」を使います。

例文

(コーヒーをすすめながら)
少々酸味のある味わい深いコーヒーです。当店自慢の一杯ですので、ご賞味ください。

お礼メールでは「ご賞味させていただきました」

食べ物や飲み物をいただいたお礼のメールや手紙には、「ご賞味させていただきました」という表現が使えます。いただいたものを味わったことを伝える表現です。

注意したいのは「賞味」の類語「笑味(しょうみ)」。贈り物を受け取ったときに「ご笑味ください」という一言が添えられていることがあります。この「笑味」には「粗末なものですが」という意味合いが込められているので、贈り物を渡す側だけが使える表現です。

メールで字の変換をするときには「笑味」ではなく、必ず「ご賞味させていただきました」と変換されていることを確認しましょう。

目上の人やビジネスシーンでは使えない

ビジネスシーンなど取引先や関係者、また目上の人に食べ物や飲み物をすすめるときに「ご賞味ください」を使えません。「ご賞味ください」は尊敬表現ですが、「賞味」の意味から相手に味わって食べなくてはいけないと威圧してしまうことになるので、相手に対して失礼になります。

食べ物や飲み物をすすめる場合には、「ご賞味ください」の代わりに「お召し上がりください」などの表現を使います。「お召し上がりください」は二重敬語であり本来であれば間違った表現ですが、社会的に浸透しているためあまり違和感なく使える表現です。

目上の人に食べ物をすすめるときの表現例
  • どうぞお召し上がりください。
  • もしよろしければ、お召し上がりください。
  • お口に合えば幸いです。

「ご賞味ください」の類語・類義語とは?

「お召し上がりください」は相手や状況に関係なく使える

「お召し上がりください」とは、「食べてください」や「飲んでください」という意味の敬語表現です。「召し上がる」は「食べる」または「飲む」という意味の尊敬表現で、「お召し上がりください」とすることで相手に尊敬の意を表しながら「食べてください」や「飲んでください」と伝えることができます。

そのため「お召し上がりください」は目上の人に使うこともできますし、ビジネスシーンなど状況を選ばずに使える表現です。「ご賞味ください」には味わってくださいという押しつけがましい意味合いが含まれていますが、「お召し上がりください」にはそうした相手に押し付ける意味合いが含まれていません。

相手に敬意を表すべき状況ならば、「ご賞味ください」よりも「お召し上がりください」を使った方が無難だと言えるでしょう。

「お召し上がりください」を使った例文
  • 熱いですので気を付けてお召し上がりください。
  • 先日、旅先で買ったお菓子です。よろしかったらお召し上がりください。
  • どうぞ皆さんで召し上がってください。

「ご堪能ください」は「お楽しみください」という意味

「ご堪能(たんのう)ください」とは「お楽しみください」や「楽しんでください」という意味の尊敬表現ですが、食物を贈る時に言い添えれば「満足していただけると嬉しいです」という意味合になります。

「堪能」には満足する十分に満ちるという意味があり、「ご堪能ください」として尊敬表現にすることで、相手が満たされることを望む表現になります。

「ご堪能ください」を使った例文
  • この地域で採れた旬の果物ですので、ご堪能ください。
  • ご友人の皆さんでご堪能くださいますと、うれしく存じます。

「ご笑味ください」は食物を贈る側が使う表現

「ご笑味(しょうみ)ください」とは食物を人に贈るときに使うへりくだった表現で、「お粗末な品物ですが、笑って召し上がってください」という意味です。贈り物をする側しか使えない表現だということを覚えておきましょう。

例文

初めて焼いたケーキですが、よろしかったらご笑味ください。

「ご笑納ください」は贈り物に関係なく贈り側が使う表現

「ご笑納(しょうのう)ください」とは「つまらないものですが笑って納めてください」という意味で、贈り物をする側が使うへりくだった表現です。贈り物の中身は関係なく、どんな中身の贈り物でも使えます。

「ご賞味ください」の英語表現

「ご賞味ください」は英語で「Please enjoy it.」

「ご賞味ください」を英語で表現する場合は、「Please enjoy it.」や「Please try and taste it.」となります。「Please enjoy it.」の直訳は「お楽しみください」で、「Please try and taste it.」は「試して味わってみてください」です。どちらも食べ物や飲み物をすすめるときに使える表現です。

「ご賞味ください」の英語例文

  • “I bought a tasty cake. Please enjoy it!”
    「おいしいケーキを持ってきました。ご賞味ください」
  • “Please try and taste it with your family.”
    「ご家族と一緒にご賞味ください」

まとめ

「ご賞味ください」とは「そのおいしさを味わいながら食べてみてください」という意味の表現で、目上の人には使うべきではありません。しかし飲食店などでは丹精を込めた作られた料理や商品をぜひお客さんに味わってもらいたいという意味で使うことが多くあります。

店員や料理人としてではなく、ビジネスやプライベートでの接客で相手に食べ物や飲み物を出すときには「お召し上がりください」など類義的な表現を使ったほうがよいでしょう。

ABOUT US

Light1
「難解なワードでもわかりやすく」をモットーに、常識ワードからビジネス用語、時には文化・アート系など、幅広く記事を書かせていただいています。ドイツ在住で2児の母。好きな食べ物はビターチョコレートとナッツ類。